にいちゃん、さよなら




ロスがお骨になって帰ってきました。

今日は午前中家の掃除しまくり~!でした。ここ三日ほどで家中血だらけになり、「殺人事件でもあったのですか?」と言われそうなくらいすごいことになっていたので、拭き掃除から汚れたものを処分したり、洗濯物はしばらくかかりそうなくらい溜まってしまいました。

午後からO先生が来てくれて、いっしょにロスを見送ってくれることになり、みんなでペットの斎場へ・・・午後からの個別火葬だったので、家に帰ったらもうとっぷり日が暮れていました。それからいつもどおりO先生ご夫妻とお鍋を囲みロスの思い出を語ったり、賑やかな夜になりました。きっとロスも喜んでくれたと思います。

皆さんにはご心配をいただいて、心温かいメールをたくさん頂いております。ほんとうにありがとうございます。でも、今はあまり寂しいとかそういう気持ちはないのです。寂しくなるのはもっと落ち着いてからなんじゃないかな・・・。今はただただ、ロスがやっと楽になったことでほっとしている・・・そんな感じでしょうか。悲しいのはロスがこんな病気になったことと、それを治してあげられなかったことが悲しくて、「ごめんね、ロス君」という気持ちでいっぱいです。私が寂しいとか、辛いとかそんなのは時間や、友達、ダグやhideさんが癒してくれるだろうけれど、ロスを救ってあげられなかったことの辛さはいつまでも残るんだろうな・・・と思います。こんなに早く逝ってしまうなんて・・・ほんとうに可愛そうでした。

「ロス君、ほんとにごめんよ・・・もっともっといっしょにいたかったよね、もっともっとかあちゃんのご飯を食べたかったよね。こんな形でしか楽にしてあげられなくて、ほんとにごめんね。でもこの半年間のロス君との濃い時間を母ちゃんは後悔してないよ。かあちゃんができることは精一杯やったし、でも、それでも救ってあげられなかったことが悔しいです。虹の橋に行ったら、ロスのキャッシー母ちゃんもおばあちゃんもいるからね、お姉ちゃんのセーラちゃんもいるし、きっとロスを迎えてくれるだろうから迷わず行くんだよ、お世話になったお友達のところに挨拶忘れずにね!」
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。