帰ってきまひた・・・

  • Day:2008.07.23 16:57
  • Cat:日記
月曜日に猛暑の京都から帰ってきました。
梅雨明けしたらしく、湿度はそれほどでもありませんでしたが、やっぱり京都は暑かった!!
昼間の気温は身体が覚えているからか、それほど辛くはありませんでしたが、夜が・・・30度くらいから下らないからね・・・寝苦しいし、エアコン入れると、怠くなるし・・・辛かったです。


暑さのせいで、思っていたところまでなかなか脚を運ぶ事ができなくて、・・・
それでもけっこう歩いて、「観光焼け」してしまった!(笑)

こちらにちょこっとだけ紹介しましたので、よかったらご覧下さいませ。

0807夏、京都


下鴨神社は「世界遺産」に登録されたせいか?このくそ暑いのに朝から観光客がたくさんで、びっくりしてしまいました。
以前は近所の住人の散歩コースとか通勤コースで、人もまばらだったのに・・・。
小川もきれいに整備されていて、ちょっと昔の面影がなくなっていました。
そう、今は糺ノ森の中へも入れないように鉄の柵がはりめぐらされていました。昔はそこに自転車を乗り入れて、遊び回って怒られた事があったっけ・・・(汗;)なんか小屋みたいのも作ったりして、(子供って基地とかつくるじゃないですか)「下神、下神」と自分の庭のようだったのにね・・・
秋の観光シーズンには人であふれ返ってるんでしょうかね。

初日にしっかり出町の「ふたば」さんであんころ餅と豆餅をげっとし、いただきました。
おいしかったぁ~!!

今宮神社まで脚を延ばすことができなかったのですが、中学からの友人がまかされているお店にはなんとか辿り着けました。
café
ここのB1にcaféがあります。とってもおしゃれでした。
私は「ジンジャーライムレモネード」と「ダークチェリーチーズcake」をいただきました。
「ジンジャー~」は生の生姜がすり下ろして入れてあって、猛暑で疲れた身体を癒してくれました。生の生姜が苦手な方は絶対飲めないそうです。(笑)


最終日、ちょっとだけ時間ができたので、堀川今出川にある「清明神社」へお参りに行きました。夢枕獏の「陰陽師シリーズ」のせいか、ここもけっこう観光客がいました。(・・・って、里帰りとはいえ、私も観光客の一人ですけれどね)ちょうどお庭には桔梗が咲いていて、清明と博雅がこのお庭で杯を交わしていたのかしら・・・と、いい時に来たな~と、得した気分になりました。


暑い京都を後にして、静岡に帰ると家は涼しい!!(笑)
翌日も「こんなのぜんぜん暑ないで~!!」とのたまっていた私でありましたが、こちらの暑さにだんだん順応してきまして(爆)、「こちらも暑いな・・・」などとこぼしております。

ダグはお利口にお留守番していたようです。何事もなかったように私を迎えてくれましたが・・・じつはhideさんがご飯を買いに家を出る度に後追いして、大変だったそうな・・・ちっとも海にも行けずに気の毒なhideさんでありました。ムフフ・・・駄目なダグね・・・。

次回はもうちょっと動きやすい季節に帰りたいです。
スポンサーサイト

Comment

お帰りなさい。
無事、死ぬほど暑い夏の京都からの
ご帰還!ご苦労様。

あの暑さは、痛い。

少しは、羽根を伸ばしましたようで
私も、少し涼しくなった京都を体験したくなりました。
  • 2008/07/23 20:56
  • sabo
  • URL
  • Edit
楽しかった?
お帰り~
やっぱり京都は暑そうだね。
20年も前に(もっと前だ)夏の京都と奈良に両親と
旅行に行ったことがあったけど 確かに暑かったもの。
でも 奈良で食べたかき氷は 氷がきめ細かで
とってもおいしかったのを覚えてます。

今では あのやわらかいかき氷を出してくれる
所ってないような・・・。

京都って風情があって やっぱり何度でも訪れたい所です。
  • 2008/07/24 12:51
  • ララママ
  • URL
saboさん

ただいまです!
「暑さが痛い」?・・・そう?それは言いすぎかも・・・(笑)
タクシーの運転手さんに「ドバイはもっと暑いみたいですね」とか言われちゃったよ。「あなたは住んでいたのですか?」って聞きたくなっちゃったけど。

秋は紅葉のシーズンがやはりいいですよね。


ララママ
ただいま~!!
かき氷ね・・・いいなぁ~、ほんとは食べたかったのだけれど、いっぱいの人で並べなかったのよね・・・。次回はもっと気合いを入れて行かなくっちゃ!(笑)
  • 2008/07/24 15:45
  • かなぶん
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。