ダグの留守番レメディー

今日も冷たい雨が降っています。雪ならまだ諦められるのに、雨じゃつまんないですぅ。(笑)散歩もいけないしね・・・。

ダグは昨晩も留守番OKでした!!昨日は私たちの寝室で寝てました。帰宅してもカタリとも音がせず、「えぇ~?死んでないよね・・・」と不安になるくらいぜんぜん降りてこないのです。見に行ってみると、ベットで気持良さそうに寝てました。これなら安心かな。油断は出来ないけれどね。(汗;)

留守番のレメディーの効果もあると思いますが、他に今まで与えてきたレメディーのおかげで、ダグは散歩に行く時は活発に!ご飯は前からがつがつ・・・ですけど・・・(爆)寝る時は爆睡・・・というぐあいに生活にメリハリが出来てきてるのも影響していると思います。なので夜の留守番は大丈夫かな・・・と思うのですが、今後どうなりますやら・・・。

ダグの留守番レメディーの説明を・・・本の抜粋ですけど・・・

まず、ダグは留守番の時ず~っと鳴いて待っています。鳴き方は狂ったような感じになります。「もぉ~!!なんでぼくをおいて出かけちゃうんだよぉ~!!もぉ~!もぉ~!もぉ~!!!!!!!(激怒)」という感じ。帰宅すると、家中走り回って、私たちに体当たりし、パニック情態になっています。なので、まあ怒ってるんだろうな・・・と。(笑)寂しいより置いてかれるのがイヤみたいです。

で、ダグの担当ホメオパスに選んでもらったのが以下のレメディーです。

アコナイト(Acon.)「トリカブト(植物)」
死ぬかと思うほどの恐怖
パニック症、不安症
怒り

ポースティーラ(Puls.)「セイヨウオキナグサ(植物)」
泣き虫の子供の根本レメディー


レメディーの特徴はもっとたくさんありますが、ダグの症状に当てはまるところだけ紹介しました。ポースティーラはいろんなブログを読んでいても、子供の留守番の時に与えている方が多いので、留守番のレメディーの代表なのかもしれません。

最初は出かける前に一粒ずつ与えて出かけていました。
もし、水を飲んでくれる子なら、飲み水の中にレメディーを溶かした水(350cc~500ccくらいにレメディーを一粒入れて、よく振って溶かしたもの)を入れて置くと飲んでくれる度に安心度が上がるのですが、ダグは水を飲まないので、部屋中にスプレーで散布することになりました。これも効きます。

レメディーの与え方は様々で、本にもいろいろ書いてありますが、担当ホメオパスにはいつも「食事にかけるのでも、なんでもいいですから、与えてみることです」と言われています。本には食事にかけるのなんて、効き目がないように書いてありますが、とにかく与えてみる!ことが大切なようです。要は飼い主さんの「貴方をなんとかしたいのよ」という気持が大切なようですね。

ホメオパシーのレメディーは基本的に害がないので、怖がらずに与えてみるのが良いようです。症状に効き目がない場合は無反応なので、害はないということですね。逆に身体が怠くなったり、眠くなったりするのは好転反応なので、害というよりは「おめでとう!ヒットしたね」という感じなのです。この辺がおもしろいところですね。
スポンサーサイト

Comment

ポースティーラやアコナイトは持っています。
人間用に熱だの怪我だのに備えてですけど。
ワンちゃんへの与え方もいろいろあるんですね。参考になります。
サラは余り心配症ではないみたい。
外で放すと、私が見えようが見えなかろうが、平気でずんずん行っちゃうとこがあり、意外と大胆です。
少し心配症なぐらいの方が安心かなぁ。
  • 2008/01/23 13:36
  • コロママ
  • URL
今なら超納得できる
ダグちん一人でお留守番できたのぉv-218
えらかったね、それも、爆睡だったなんて 上出来だね。
部屋にスプレーでもいいのね?ふ~~ん。
  • 2008/01/23 19:43
  • ララママ
  • URL
奥が深いみたいですぅ。
コロママさん
ホメオパシーって奥が深そうですよね。私もまだ入り口に立ったあたりですが、レメディーを紹介した本は何度読んでも新たな発見があります。わんちゃんには「ペットオーナーのためのホメオパシー:応急手当の手引き」という本が有り、読みやすく、使いやすいです。

サラちゃんは大胆なのね、いいことですよぉ~。神経質よりはずっといいです。


ララママ
おかげさまで、ダグもだんだん留守番できるようになってきたのかな?という感じです。(笑)
そうそう、スプレーでもいいのですよん!たとえば車の中で待たせる時に車中にスプレーしておくとかね。今度どこかへダグとでかけることがあったらやってみようと思っています。
  • 2008/01/23 22:29
  • かなぶん
  • URL
  • Edit
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。