ホメオパシーの紹介

ホメオパシー・・・

ちょうどロスの闘病中に知ったのが最初だったように覚えています。
でも、渦中にあったし、新しいものに手を付ける余裕がなくて、そのままでした。

ロスが亡くなった後、お悔やみのメールを頂いた中に、何名かの方々から「ホメオパシー」を奨めてもらいましたが、そのときも結局手を付けず・・・で、今回に至ったわけです。今となっては奨めてくれた方々のお気持ちがよくわかりますが、そのときは素直に受け入れられなかったのでした。

受け入れられなかった理由と同じなのですが、なんといっても最後のハードルが高かった。
今までロスやダグに施してきた西洋医学というのは「対処療法」で、患部を薬で抑え込むというものです。なので、病気は根っこの部分で残ってるわけです。だから再発したり、薬が効かなくなったりということが起こる。
それに対して「ホメオパシー」というのは「同種療法」と言い、病気の元となっているものを治していきましょう~症状を起すものは、症状を取り去るものになる~という感じです。そう言われると、ロスに施してきたものはダメだったのか?と自分を責めるような気持になり、今までロスを治療してきた西洋医学を否定されている気がして、なかなか取っつけなかったのです。でも、ホメオパシーを勉強しだして、ずっと疑問に思っていたことの答えがつぎつぎに解き明かされ、最初にホメオパシーについて考えていたことは私の単なる「こだわり」だったのだな・・・と、苦にならなくなりました。

で、今、ダグにホメオパシーで治療しているわけですが、だんだん良くなってきているとはいえ、完治していない段階でいろいろ紹介するのは時期尚早かと思いますが、「ホメオパシーって何?」というお便りもいただいたりしているので、主なサイトや本だけでも紹介しようかと思います。

まず、「ホメオパシーについて」というのは以下を参照してみてください。
http://www.homoeopathy.co.jp/index.html
http://jphma.org/

もし、健康に不安があり、相談したいのなら、下記のサイトに貴方のお住まいの近所にホメオパシーの相談ができるところがあるかどうか調べられるようになっています。「センター・クリニック紹介」を見てみてください。

次に、書籍は
Amazonで「本:ホメオパシー」で検索すれば、た~くさん関連本が出てきます。
「ホメオパシーin Japan―基本36レメディー」
「由井寅子のホメオパシー入門―2004年11月27日ホメオパシー一般講演録 」
がわかりやすいですが、ちょっと抵抗がある人には
「病気をその原因から治すホメオパシー療法入門」
なんかが、入りやすいかもしれません。
「ホメオパシーバイブル 別冊「セルフケアのための52のマテリア・メディカ&レパートリー」付 (単行本) 」
これはバイト先に売ってました。「なんだ、うちにもあるじゃん!」みたいな感じで手に取ってみたら、オールカラー(だったと思う)でとっても見やすかったです。いろんな症状別にレメディーの処方が書いてあり、わかりやすい感じでした。

「ホメオパシー」はセルフケアが基本にあります。なので、自分で勉強しなくちゃいけないわけです。基本のレメディー36~52種類くらいはなんとな~く頭に入っていて、症状に合わせて、自分でケアする、あるいは家族のケアくらいはする・・・という感じです。慢性的な病気をお持ちであれば、それはホメオパス(先生のこと)に相談して、本格的にレメディーを処方してもらうという感じです。

こんな感じですかね、興味のある方はのぞいてみてください。
そう、うれしいことに、けっこうホメオパシーを実践されてる方が身近にいらっしゃるということを知り、仲間ができたようでうれしい今日この頃です。
スポンサーサイト

Comment

凄い
わかりやすく、解説してもらい、ありがとう。
時間が取れたら、本屋さんに行ってみるね。
Let's try !
  • 2007/09/03 11:48
  • sabo
  • URL
  • Edit
はい、ぜひtryしてみてください。
お仲間が増えるのはうれしいです。

あ、でも「由井寅子」先生の本は本屋にはないかも・・・Amazonなどでお買い求めください。
  • 2007/09/03 13:37
  • かなぶん
  • URL
  • Edit
ホメオパシー
かなぶんさんのブログを読んでから、すごぉぉおお~~く気になってます(笑)。 でも、現在漢方薬とテルミーを実践しているので、これ以上手を広げるのにちょっと躊躇してしまって…(金銭的な面で!)。 でも、甲状腺に有効と聞いて、心が動きます。 実は私、甲状腺に持病があります。 その他にも身体のあちこちにトラブルを抱えているので、ホメオパシーにはすごく心惹かれています。 あっ、ワンコの為…じゃなくて自分の為でごめんなさい!!(笑) Rallyは飼い主と違って病気知らずのタフ野朗なもので…。

私も自分の経験から、対処療法である西洋医学ではなく、病気を根っこから治していく…という考え方に賛同しています。 検査の値だけで判断するのにはちょっと疑問を感じていて…しかも1時間待って3分診療だし(笑)。 

でも、究極なのは漢方の先生がよく言っている未病医学だなぁ~と思います。 病気になる前に未然に防ぐ! これができるようになったらスゴイなぁ~と思います。 
幸い、私のかかっているテルミーの先生が、数年前からホメオパシーを勉強して資格を取り、レメディも作ってくれるようになりました。 今度行ったら早速相談してみようと思っています。 そうしたら結果を御報告しますね!

また情報提供よろしくお願いしま~す♪
行き着くところは・・・
Rallyママさん、お久しぶりです。
季節の変わり目、お身体大丈夫でしょうか?
どうぞ、ご自愛してくださいね。

テルミーの先生がホメオパスになられるのですね、すごいですね。やっぱり行き着くところは「ホメオパシー」なのでしょうかね。

私は自分の体で実践できないので(実践できるのはせいぜい肩凝りとか、腹痛とか・・・(汗;))そこのところが悔しいというか(笑)残念と言うか、・・・まあ、健康だということには感謝しなくてはいけないのですけれどね。なので、実際ホメオパシーで治っていかれる方のお話を聞くのはとても楽しみなのです。
Rallyママさんもホメオパシーを実践されるようになったらまたお話お聞かせくださいね。
  • 2007/09/03 14:18
  • かなぶん
  • URL
  • Edit
来年かなぶんが花粉症で実証してくれるのを楽しみにしていますね。
私はやっと、花粉症シーズンが終わりに近づきました。
イネ科に続きヨモギに悩まされていたんです。

これからもダグの状態を教えてね。
注目していますから。
ぬぷのblogなんて、役にもたたないからからあまり見てくれる人いないなあ。
ごめんなさい
とっとさん、ごめんなさい。
ブログぜんぜん気がついていませんでした。
これからちゃんと毎日お邪魔しますです、はい!!

私もホメオパシーのレメディーを使った花粉症対策、密かに楽しみにしています。また始めたらレポートしますね。
  • 2007/09/07 10:20
  • かなぶん
  • URL
  • Edit
ごめんなさい だなんて。
告知無しで気づいて見てくれればそれでいいなあ、ですから。
あっ 毎日でなくていいです。
10日に一度くらいで、だってもうネタ切れですから。

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。