今日のご飯

なんか鬱陶しいお天気が続いています。
今日は、セミナーのご紹介とダグのご飯メニューです。

一度は行ってみたい「須崎先生」のセミナー。それが関西であるようです。が・・・
このセミナー、明日なんですけど、大丈夫なのかな?
でも今朝再び案内が来たので、定員割れしてるのかも・・・興味のある方は行ってみては?なんといっても明日なんで、急いで~!!



薬に頼らない体質改善・往診専門の
須崎動物病院 院長 須崎恭彦先生のセミナーin大阪 

「愛するペットを健康で長生きさせる秘訣」

を開催されることになりました。

関西方面の方で、

ご興味のある方はよろしかったらご参加下さい。


日時:10月6日(金) 14:00~16:00(質問タイムがあります)
場所:心斎橋メッセージホール
参加費:5000円
定員:50名

詳細はこちらです。
http://www.harmonygrace.net/susaki.html



ダグのご飯
ベースのおじや
白米   220グラム(だいたいですぅ)
かぼちゃ、里芋、れんこん、合わせて 100グラムちょっと(残り物ですぅ)
人参   50グラム
しいたけ、エノキ、合わせて60グラムくらい 
ごぼう  30グラム
こんにゃく 20グラム(これも適当です)
昆布粉末  ひとつまみ
生姜、にんにくのみじん切り  小さじ1ずつ

トッピング
マトンスライス(生) 200グラム
白菜     適宜
大根      50グラムくらい

*芋類は、毎日適当です。一頭なら残り物や、大きなかぼちゃなんかは少し除けておいたりで事足ります。2頭以上になると彼ら用に用意しないといけなくなりますが(まとまった量がいるので)一頭なら(または体重が軽い子なら)適当に人間用の食材をちょこちょこ除けておくだけで簡単に作れます。このちょこちょこ除けておくのがけっこう楽しかったりします。おままごとみたいで・・・(笑)
スポンサーサイト

Comment

手作りご飯だといっそう喜んでくれる子はいいなあ。
ヌプは何食べさせても同じ、もの凄い勢いでがががーーーと食べてお終い。
おじや+生肉の朝食と、ドライフードの夕食と、どちらも同じ食べっぷり。
ニドもヌプと同じ。
作りがいないじゃん。
  • 2006/10/05 14:11
  • とっと
  • URL
  • Edit
とっとさん、お久しぶりです。
北海道は秋が深まってきているのかな?

ヌプリ君、ニドムくん、作りがいがない?そうなの?良く言えば、「なんでも嬉しそうに食べてくれる」ってことでしょ、わがままがなくていいじゃない!!きっと「かあちゃんが出してくれるものはなんでもおいしいよ!」って言ってるのよ。
手作りはホント偉いですね。(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)  ミコはミルクのアレルギー反応が一番多かったので今は全員ミルク抜きです。薬も3日に一度になって、体重も増えてきています。アレルギーの動物を飼うのは大変ですよね。ま~人間もほとんどの人がアレルギーを持ってる時代ですから・・しょうがないのかな・・
Kassuさん、こんにちは!
「手作り食」ね、偉くないですよ、ぜんぜん。「自己満足」かもしれないしね。また「なぜ、こだわるのか?」というところは追々書いていこうと思っています。

ミコちゃん、牛乳をやめたらアレルギーは治まったのでしょうか?アレルギーで体重も落ちていたってことかな?もし落ち着いてきたのならほんとうによかったです。

アレルギー持ちの動物を飼うのって、ほんとうに大変だと、ダグと一対一になって嫌と言うほど思い知らされています。ロスがいたころは見ないでいただけだと。こんなに気を使って、一喜一憂して、毎日チェックして・・・アレルギー持ちの子供さんをお持ちのお母さんの気持が少しわかりました。(今まではぜんぜんわかってなかった)

おっしゃる通り、私も花粉症やら、ナイロンアレルギーがあるので、治るものではないし、仕方がない部分ってあると思うのです。で、薬はなるべく飲みたくないので、ハーブティを飲んだりして、誤魔化しながらやりすごしているわけです。でも人間なら「あ~かゆい、もぉ~!!(-_-#)」って怒ってみたり、それに対して自分で対処できますけど、犬はただひたすら掻きまくったり、舐めまくったり、・・・ということしかできないのですよね。それにどれくらい痒いのかも訴える事ができないわけで。ま、そういうところをなんとかしてあげられないものかとあがいているだけなのかもしれません。
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。