耳、きれいになったよ!

  • Day:2006.08.05 18:49
  • Cat:日記
ダグの耳の中がようやくきれいになってきました。ふつうに健康な耳の中です。お恥ずかしいですが、こんなに耳の中がきれいなのは、我が家に引き取ってから初めてだと思います。

今までにも何度か動物病院に連れていった事はあるのですけれど、いつも一時的に治ってもまた再発するというのを繰り返していました。その上昨年だったか、ずっと使っていた洗浄液が病院の都合でなくなり、新しいものを使ったら耳の中が荒れまくり、ダグに合う洗浄液がなくなりました。その後いろんなものを試しましたが、効果がなく、そうこうしているうちにロスが病気になり、ダグの耳はほったらかしにされてしまったのでした。ほんとうに可愛そうな事をしてしまったと申し訳なく思い、「ダグの耳の中をなんとかしなくちゃ!」と病院に連れていったのが2月の下旬。もらった薬や洗浄液で治療するもなかなか良くならず、長かった梅雨の影響で左の耳の飾り毛がなくなるまで掻きむしられて、落ち込んだ日々。最後はやっぱり我が家の主治医O先生に相談。「アレルギーと菌の両方が関係していると考えて、アレルギーの元となりやすい食品は省き、洗浄液で荒れるようなら、それもストップ。緑茶で足を洗うのは案外イイかもしれない。酷い時は手持ちのステロイドの点耳薬を上手く使って」というアドバイスから、青魚、納豆、乳製品はストップして、長時間の留守番があるときは薬を注し、毎日朝夕コツコツ少し薄めた緑茶で足の裏と指の間を洗うことを続けました。

緑茶で足を洗うようになって、足の肉球の間にあった黄色っぽい脂のようなものが少しずつ減っていき、それにともない耳たぶの内側にへばりついていた同じ黄色っぽい脂のようなものも徐々に減りはじめました。緑茶で洗い始めたのが、耳の飾り毛をなくした6月中旬。脂の固まりがなくなるまで一ヶ月以上かかったわけです。(今も少しはある)やっぱりこういうのって「コツコツ」しかないんだよなぁ~と再確認してしまいました。

結局、アレルギーと菌とどちらだったのかというと「菌」だったのかな・・・と思います。耳が腫れ上がっていたのは菌によって痒くなり掻きむしっているところに傷が出来て、そこから「黴菌」が入り腫れていたのだろうな・・・と。足を洗いだして3週間くらいで耳たぶの傷がまずなくなり、それにともない腫れもほとんどなくなりました。腫れが引いてからは薬は何も使わず、ひたすら緑茶で足を洗っただけです。

なんかむちゃくちゃうれしいのです。ロスのリンパ腫はとても治す事ができなかったけど、ダグの耳はなんとかできたから。コツコツ洗うことくらいお安い御用だ!きっと「菌」は油断したらまた増殖するだろうから、しばらく緑茶で足を洗う事は続けていこうと思います。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。