ブロッコリーの軸を食べてくれるひとがいなくなりました。

  • Day:2011.12.26 16:40
  • Cat:日記

突然ですが、、、







湯がいたブロッコリーの軸を食べてくれるひとがいなくなりました。


被写体がひとつなくなりました。


ゴミを漁るひとがいなくなりました。


冬の夜を温めてくれる湯たんぽくんがいなくなりました。







12月23日夜、ダグは虹の橋に旅立ちました。
いままでダグを可愛いと言ってくれてありがとうございました。

私はダグと暮らせて幸せでした。
あんなにいい子はいないもん。

ダグ、ありがとうね。

111226df2.jpg






亡くなった原因はよくわかっていません。
というか特定できませんでした。
最後に解剖という手もありましたが、
彼の名誉のため、やめておきました。




12月の初めに二人で旅行に行きました。

111203d1.jpg


帰ってきてから、とても元気でした。
この頃は被毛も生えそろってきていて、体重も増えてきていて、、、
これなら長生きしてくれそう~、、、、と思っていた矢先、、、


ちょっとしたきっかけから急転直下、、、
あっという間に手の着けようがなくなり、
一週間で逝ってしまいました。

最後は何も食べられなくなり、
大嫌いだった水が欲しい!と、一週間飲み続けて、亡くなりました。

何も美味しいモノを食べずに逝ってしまった。
というか、、、ずっと美味しいモノ食べていたしね、、、。
もうあげなくてもよかったのかもね、、、。



それにしても、なんでまたクリスマスに逝ってしまうんだか、、、
うちのバカ息子たちは!!
ほんとうに一生クリスマスを楽しめなくなってしまったじゃん!!


ということで、、、、
お別れの写真を見てやってくださいませ。


111213d1.jpg

この日が最後の散歩になりました。



友人の計らいで、最後の10日間はずっとダグと一緒にいることができました。

111220d1.jpg


ダグ、ほんとうにありがとう。
ずっと大好きだよ、、、。


虹の橋で待っててね。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。