ワクチン

今日はダグをワクチン接種に連れていってきました。ロスはこんな状態なのでワクチンはパスです。ワクチン接種は仙人先生のところじゃなくて近所の動物病院に行っています。この近所の病院は獣医がたくさんいて、こちらが獣医を指定することもできるんだけれど、以前指定していた先生が辞められたので、その後はとくに指定はしていなかったのです。それで気に入っていた先生が辞められてから今までダグを診てくれてた先生はいまいち私と相性が悪くて、しっくりしなくて、ロスのことは話していなかったのだ。でもこの前ダグの顔が腫れたときに診てくれた先生はなんとなくいろいろ話しやすそうな方だったので、今日もその先生を指定してワクチンを打ってもらい、その後思い切ってロスのことを話したのでした。そしたら「もし急に容態が悪くなったりしたらうちでもみてあげますから」と言ってくれました。
先生にしたら、病院を二股かけられていい気持ちはしないだろうけれどね。でもこれで夜中にロスの容態が急変して急を要する時でも安心だしね。そう、この病院は救急があるのでなにかと安心なのです。

ダグはけっこうお利口に注射されてました。
体重は27キロでした。ちょっと痩せ気味かな・・・。

昨日は海の見える住宅街まで散歩に行ったけれど、今日のロスははぜんぜん行く気なし・・・。いつものコースをくるっと回って帰ってきました。ロスは何を基準に「行く、行かない」を決めてるんでしょうね。不思議だ。ダグも注射のあとで激しい運動はストップされていたから、遠出せずにすんで丁度良かったです。
スポンサーサイト

漁るな!




こんなふうに罪のない格好で寝ているダグ

「犬には反省がない」
そうなんだすぅ、この頃ダグはオイタばかりやらかしていました。私がロスのことでいっぱいいっぱいで注意力散漫だったのが主な原因です。この頃では電子レンジの上、高さ140センチの場所さえ手をかけて、置いてある食品を落としてむさぼり喰うダグなのでありました。「なんでこんなところに傷がいってるん?」と不思議に電子レンジの扉を眺めていたのですが、この間見てしまったのです!ダグが電子レンジに手をかけてレンジの上を物色しているところを!!

しかし、そうそうやられてばかりじゃ私も立つ瀬がないので、ここんところは気持ちを引き締めて食品は棚の中へ仕舞い、ダグの手の届く範囲に何も置かないようにしていました。ロスが落ち着いているので部屋中の「カミカミ」しそうなものも片づけました。なんだか書いていて悲しくなるね~、もう4歳も過ぎたというのに、こんな状態じゃ・・・とほほ・・・。

今日、お昼前に買い物から帰ってきたらなんとなく「キラキラ」光るダグの目が気になりキッチンを一回り・・・。「何も置いてなかったし・・・」と床に目を落とすと、朝食べたパンが入っていたビニール袋がポロリと落ちていました。もちろん中身はすでに私が食べて空だったのですが、電子レンジと同じ高さにある引き出しの上にまとめて置いてあった空のビニール袋の中からそれを選び、物色した模様・・・。呆れる・・・。「喝!!漁るな!!」・・・と怒ってみても、「犬には反省がない」ので、またやらかすんだろうな~。

物色するのをいつになったら止めるんだろう?

Read more...

また出た・・・(T-T)

先週ずっと右の鼻の穴から血の固まりがのぞいていて、以前のもののようにティッシュで挟んで引っ張ってみたんだけれどなかなか出てこない。あんまり無理に引っ張ってどこかの血管を傷つけても怖いので様子を見ていた。日曜日の朝気がついたのだけれど、いつのまにか固まりが無くなっていて、そのかわり鼻から出血していたるところ血だらけ・・・になっていた。汚れたシーツなんかを洗うべく布団をひっくり返したりしていたら、タオルケットの下に「ブツ」が・・・(T-T)「ブツはどこ?」「食べたのかな?」って思っていたんだけれど、しっかりありました。(;^_^A 「ブツ」はまたまた冷凍保存・・・。これがまたでっかくて歪な形で、引っこ抜けなかったわけだ・・・と納得・・・。でもまだこんなのが頭の中に残ってるなんて・・・おとろしいぃ・・・。

ロスは鼻の穴の中につかえていたものがやっと出て、気持ち良さそうにぐーすか眠っています。それに、飾り毛が抜けてしまったところもつるっ禿げになるわけではなくて、びっしり毛が生えてきました。なのでそんなに寒くないみたい。この毛がぐんと伸びてもとの飾り毛のようになるかどうかはわかんないけれど、とりあえず生えてきたんで一安心です。禿げてたら寒いもんね。

それにしても、ロスは不死身なヤツだ。先週日曜日の酷い痛みからの衰弱でどうしても「もう生い先短いかも・・・」と思ってしまい、ロスがいなくなってしまうことが悲しいのと怖いのと、気がつくと涙が出て、ほんとうに辛かったのに、なぜか今、ロスの胸毛が生えてきてとても下降線に入っている犬には見えない。どうなってるんやろ?・・・という感じ。どんどん悪いものを排出して、低燃費でがんばってるロスでありました。まだまだがんばる我が家なのでありました。

やっと洗った~

今日、ダグをやっと洗いました。
いつから洗ってないんだろう・・・ロスが鼻血を出す前だから・・・あんまり計算したくない。(笑)今はイイ香りがしています。

ロスはお湯をかけると血行が良くなって、また流血したらイヤなので、シャンプーを浸したタオルを軽く絞って身体を拭いてあげました。ロスもティツリーの香りがふんわりしています。ときどきこうして拭いてあげよう!なぜなら散歩の時、ロスは毎日公園の入り口のところの芝生でバッタ採りを10分くらいして、そのあいだずっと匍匐前進とかして、お腹も汚れてけっこう土臭いのだ。散歩の時は元気なのだ!でも、散歩から帰ると目が半開きになり、そのままくぅぅ~・・・っと眠るのです。今もすでに寝ています。

さあぁ~、ご飯にしようっと!

過ごしやすいお天気

今日はそれほど暑くもなく、過ごしやすい一日でした。
ロスは寝ている時はとても深い眠りで疲れているのがよくわかるのですが、目が覚めている時は今日は元気でした。お昼過ぎには庭でダグと追っかけっこをしたり、さっきバイトから帰ってきたら、2階で寝ていたのにわざわざ降りてきて迎えてくれました。でもすぐに2階に上がってしまいましたけれどね。もうぐっすり眠っています。眠っている方が安心です。どこかが痛くて眠れない方が本人も辛いだろうし、見ている方も辛いし。

夕食後もロスは「あそぼー」と私とhideさんの間をおもちゃをくわえて、腰と頭をフリフリ行ったり来たり・・・ず~っとやってました。うれしそうに・・・。最後には「もう、また鼻血出るから終わりにしよう」とストップをかけなくちゃいけないくらいでした。

明日もあまり痛みがないといいな・・・と思います。

今日も元気でありがとう。





日向ぼっこの季節になったね、ダグ・・・

やっと晴れて、お布団干したり洗濯したり、庭の時計草を剪定したり・・・しました。ダグはせっかく干してほかほかになった布団(私の昼寝用だよ!)で日向ぼっこ・・・。でもまだちょっと暑そうです。

先週の土曜日、バイトから帰ったらロスが頭痛で痙攣するくらい苦しんでいて、仙人先生に電話で、今の状況と、もらってる痛み止めの薬を飲ませていいか聞いて薬を飲ませたのですが、あまり効かず、一晩中苦しそうで辛い夜でした。翌朝もう一度痛み止めを飲ませたら少し楽になったみたいで、やっと眠ることができ、みんな午前中は爆睡・・・。夕方心配して友人のO先生が見にきてくれて、その頃にはロスも大喜びで迎えられるくらい回復していて少し安心しました。が、右目の眼球がないはずのところが、まるで目があるように膨らんでしまい「たぶん局所的に再発したのでは・・・」と、意見が一致・・・。仙人先生にも「いつぶり返してもおかしくない」とずっと言われていたから「とうとうきたか・・・」という感じでした。

その後日を追うごとに「あれはなんやったん?」というくらい元気になり、腫れも引いてきたのですが、だんだん弱ってきていることには変わりないな・・・というふうに思います。親ばかですが立派だったロスの飾り毛はすっかり抜け落ちてまるで「シーズン(猟の)に向けて飾り毛をバリカンで刈った実猟犬のよう」になっています。眠りは深く、散歩とごはん、おやつ、ちょっとだけおもちゃで遊ぶために力を蓄えているようです。

土曜日以来、その日一日ロスが元気でいてくれると、「今日も一日頑張ってくれて、ありがとう」と心から思うようになりました。今までだって、感謝していなかったわけではないけれど、切に思う・・・という感じかな。確実に残り少なくなってきていることを実感しているのだと思います。でも、一日一日、積み重ねるしかないし、その時どき、楽しく過ごすことにしたいと思います。

まだ出てるンだす(T^T)




気持ちいいからって、どこで寝てんの?!

すっかりさぼってしまいました・・・すみません。
その後、ロスの鼻血はず~~~~っと続いていて、今週の月曜日あたりからまた酷くなり、とうとう昨日のお昼と夜中に鼻から血の固まりが出てきてしまって・・・それにともない、出血も止まらず、・・・という感じでした。
今朝はようやくまた出血が停滞してきた感じで、落ち着いてきました。

ロス自身は月曜日はちょっと貧血気味でぐったりしていましたが、その後はいつも通り散歩でもバッタ採りに大忙しで、「なんでこんなに血が出てんのに、バッタ採りなんかしてるんやろ・・・?」と頭を捻るばかりでした。

ま、元気なんで心配はないのですけれどね。
様子を見ることしかできないので、仕方ないのです。

血の固まりが出てきたのは仙人先生からいただいている漢方の薬が効いてきてるのかも・・・と私は思うのですけれどね。その漢方の効用に「血を止め悪血を止めず痛みを静め腫を消す」働きがあるそうです。まあ、漢方にしてもアロマオイルにしても万人に効く薬じゃないから何とも言えないのですけれど、犬には「これは漢方で薬ではないから効くかどうかわかんない」などという先入観がないからすんなり効果が現れる・・・とも先生は言われます。とくに飼い主が疑ってなかったりするとすんなりといくそうです。私はどちらかというと漢方とかアロマオイルのほうが「治りそうな気がする」と思ってしまう方なのでロスにも効果があるのかもしれないです。

鼻血の世話は大変なんですが、ロスは元気にしています。

ドライブがてら・・・

昨日はロスの鼻血も少し落ち着いてきたように感じたのだけれど、今朝今までのものとは違った感じの血が出たので仙人先生に連絡。本犬はいたって元気なのでそんなに心配はしてないんだけれど、病院も3連休らしく、休みの間に何かあっては大変だからと一応診てもらいに行く事にしました。今日はあいにくhideさんが仕事なので、ダグとロスと私でドライブがてらに仙人先生のところまで行きました。<ダグはひとりで留守番できないんだす・・・。

診察の結果は、鼻腔の奥(鼻の付け根のあたり)に穴が空いていて、そこから脳の中にあった腫瘍の痕から出てきている血が出てきている模様(わかりにくぅ~)・・・頭の中はわかんないから・・・。それで、引き続き漢方の止血のお薬と念のため一週間抗生剤を飲むことになりました。あとは仙人先生スペシャルのサプリメントも混ぜてくださったみたいです。効くといいのにね~。

それにしても、こんな状態でよくがんばってるな~・・・って、思います。「もうちょっとだから、がんばれ!」って、車の中で何度もロスに言いました。

ダグは・・・ロスの診察の間中鳴いてました~。とほほ・・・
他に患犬猫がいなかったので診察の終わったロスを車の中に入れて、ダグを車から出して待合室へ・・・。待合室から車の中を見るとロスは「はぁ~やれやれ終わった~。次はダグの番か・・・」という感じでゆったり座って待ってる様子。ダグはダグで「やっと一人じゃなくなったもんね~!やれやれ・・・」と待合室に寝そべって大人しくお薬と清算を待っていました。なんでこんなに性格が違うんだか・・・。ロスはロスでぜったい待合室で大人しく待ってることはないのです。待合室も嫌いなもんで・・・。(汗;)帰ってからhideさんに話すと「そんな診てもらうところがない犬が待合室に入ったら入場料とられるで!」ってダグに言ってました。(爆)

お陰様で・・・




虫採りに熱中してるロス

お陰様で、ロスは元気にしています。
10月に入り、日中の気温はまだ高めですが、朝晩はぐっと涼しくなり過ごしやすくなりました。

鼻血は、まだじわじわと滲んできてるのですが、これはある程度仕方がないもののようで、腫瘍が消滅するときにはがれ落ちたところがカサブタになっていて、そこから出血しているので、要は治ってきている・・・のだそうです。ただ、しばらくは激しい運動は控えるように・・・というのが続いています。仙人先生からは漢方の止血効果がじんわりくるお薬を出してもらいました。

ロス自身、たくさん出血した時は貧血気味でフラフラしていたけれど、それ以降はいつも通り元気で、バッタ採りしたり、トカゲを追っかけたり、忙しそうにしています。(^O^;
しばらくは元気でいてくれるものと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。