元気になりました。

昨日はたいへんご心配をおかけしてしまいましたが、ロスは今朝から元通り元気になりました。もう、痛みもなくなったみたいで、朝ご飯も「ガツガツ」食べました。ご心配頂いたみなさま・・・大事には至らなかったということでお許しください。m(_ _)m

今日は細胞が破壊されて死んでしまった腫瘍組織があふれ出てきています。たぶんダグに蹴られて内出血して貯まった血といっしょに出てきているのだと思いますが、今までの中でも量がすごい・・・。もう「どば~・・・」っと出てきています。これでどんどん腫れが引いてくれたら万万歳なのですけれどね。
あんまりすごい量出てくるのと、またロスが出てきたのを舐めようとするので、必然的にエリザベスカラーを装着しているロスです。でも、もうこのエリザベスカラーにもすっかり慣れたのか、出てきているものが気になってそれどころではないのか、エリザベスカラーの内側に右目をこすりつけてカサブタやらを取ろうとするので目が離せません。(今はhideさんにみてもらっています。)明日はずっと監視していなくっちゃ!自分ですぐに治療しようとするのです。は~・・・。

でも、ロスの左目もとても元気そうなので、調子がいいんだと思います。ぬか喜びはできないけれど、イイ方向に向かっていると信じています。
スポンサーサイト

調子良かったのに・・・

今日はまた朝から病院へ行ってきました。ほんとうは来週行く予定だったのだけれど。

昨日はhideさんも仕事が休みで丁度天気もいいし、ロスもぼちぼち臭くなってきたので洗う事にしました。火曜日の朝くらいからどんどん膿が出てくるようになり、この膿ってけっこう匂うのでhideさんが「洗わんと臭い」と言い出したのでした。そう、この膿って独特の匂いなんです。2年前鼻から膿が出てきた時と同じ匂いがしています。
シャンプーはいつも通りhideさんがロスを、私がダグを洗いました。hideさんは恐る恐るだったけれど、汚れている口元や耳を丁寧に水がかからないように洗ってあげていたのです。それはなんだか心温まる光景でした。ロスもすごく気持ち良さそうにしていたし、ロスの眼はひどいことになっているけれど、みんなでワイワイしながら充実したシャンプータイムでした。洗い終わって庭に入り、タオルドライしていた時のこと、ちょっとふざけたダグがロスの側を通り過ぎる時に後ろ足がロスの右目にヒットしてしまいました。ロスは無言のまま腰砕けになり蹲りました。

とほほほほ・・・という空気が流れ・・・最高に盛り上がっていた私たちは撃沈・・・。とりあえず、出血がひどくないので様子をみることにしました。

その後、ロスは痛そうにしながらも夕食や果物は残さず食べたので、そのまま首筋に保冷剤をアイスノン代わりにバンダナで包み、首に巻いて痛みを和らげて寝かす事にしました。

そして、今朝・・・やっぱり痛そうにしているし、念のため病院へ行くことにしました。
病院で痛み止めと炎症止めの注射を打ってもらいました。仙人先生は「今はそれほど痛むわけではないけれど、『ど~ん』とした感じがしているのだと思うよ」と。「毛細血管からとはいえ、けっこう血が出たね」と言われました。

今後も、こういうことが起きなくはないし、仙人先生のところの診察時間と我が家の都合ですぐに連れて来る事ができない時もあることから、飲み薬の「痛み止め」をもらって帰ってきました。

痛み止めの注射を打ってもらって、少し楽になったのか、帰りの車の中ではスヤスヤ眠っていたロスでした。家に帰ってからもずっと寝ていたし・・・やはり昨晩は痛くてあまり眠れなかったのかも・・・可愛そうな事をしました。夕方の散歩の時にはずいぶん元気になり「蝉獲り」に夢中のロスが戻ってきていましたし、夜の散歩でも猫ハンティングに忙しかったらしいです。(爆)元気になってよかった。

そうそう・・・今日はダグもいっしょに病院へ行ったのです。hideさんが仕事だったので、ダグはひとりで家で留守番できないのでね。そして、ロスを診てもらっている時に仙人先生が「泣いてるのはダグ?いつも大人しいのに今日はどうしたの?」って・・・。「大人しい時は車に乗っていない時です」・・・と私。仙人先生は大笑い。私は苦笑い・・・でした。ちゃんちゃん!

びびりっちょ!

050726d.jpg


「風が強いな~・・・」とビビり腰のダグ・・・


今日は台風が逸れていってほんとによかった。昨年、台風が何度も直撃して年末にテレビアンテナが壊れて大出費!ってなことがあったので、内心ヒヤヒヤしていたのだ。

ところで・・・
台風が来ると・・・というか台風でなくてもこの辺りは季節によって風雨が強く、家の中でトイレトレーニングをしていない我が家の坊主たちは雨の日のトイレに困ります。それでもロスは駐車場のすぐ横で用をたしてくれるのでこちらも屋根の下で待機できて濡れる事がなく問題ないのだけれど、問題はダグさん・・・。雨が強く降っているだけで玄関から出るのもちょっと嫌らしい。「こんなとき外へ出るくらいならおしっこは我慢するよ母ちゃん!」って感じなのだ。無理やり引っ張り出しても「やだよ~、出ないもんね~」となかなかしない、その間にどんどんびしょ濡れになる・・・(´ヘ`;) 。せめて雑木林の横でささっと用をたしてくれたら・・・と家の裏へ回って風もあまり吹き込んでこない場所へ連れていくとようやくおしっこしてくれた。ついでに「ここならう○ちも出るよん!かあちゃん!」ってう○ちまで・・・(爆)どうやら強い風が嫌だったみたい。雨の日のトイレは家の裏の雑木林の横に決めました。(笑)ここと決めたら彼も安心してしてくれるんじゃないかと・・・。ほんとうはロスと同じ駐車場の横でしてくれると助かるけれど、兄貴のあとに同じところに用を足すのは嫌だろうしね。お互いに妥協して、歩み寄る事にしよう!ね、ダグちん!(笑)

テンペ

ロスの右眼球が眼窩からはみ出てしまってから1ヶ月たちました。ああぁ・・・(T-T)
右眼球はどうなってるんだろう・・・生きてるんだろうか?
右目からは結膜に覆われた腫瘍?もしくは腫瘍が崩壊した膿みがはみ出しています。これが小さくなってくれないと・・・ね・・・。
とにかく待つのみ・・・。

ところで、テンペって知ってます?
ルーちゃんのママに「ロスにいいかも~」って教えてもらって、でも近所に売ってなくて、バズママに送ってもらって試食し、その後楽天で購入してロスに食べさせています。

テンペはインドネシアの大豆発酵食品で、納豆と同様に食物繊維が豊富で抗菌作用や血管の老化を防いだり、新陳代謝が良くなり、免疫力もアップする・・・などなど、健康に良い食品みたいです。納豆は「納豆菌」で作られていますが、テンペは「テンペ菌」という白いカビで作られていて、板状に成型されています。食感は「大豆!」って感じ。(爆)味はチーズみたいで我が家は私たち用にはサラダに入れて食べています。これがけっこうおいしくて、私たちは病みつきになるし、ロスに食べさせると膿がたくさん出てくるみたいでこれまた毎日あげたい感じ。ダグも暑い日は熱っぽくなるのだけれど、テンペを食べはじめてからは元気そうです。

でも毎回ネット通販で買うというのも、そんなにストックできる大きな冷蔵庫があるわけではないし、近所に売ってないなら小まめに頼むしかないか~・・・ってあきらめてました。そしたらさっきお隣さんが「隣町の大型スーパーに売ってるらしいよ」って教えてくれました。「きゃ~!!ラッキー!!」\(^O^)/ 近々見にいってみる事にします。

それにしても、我が家はこの頃「豆」製品ばかり食べてるな~。
大豆をはじめ、インゲン、小豆などなど・・・。この頃我が家で流行ってるのが「小豆入り寒天」。甘さ控えめにして作るとロスとダグも食べられるしね。人間にはゆで小豆をプラスすれば充分おいしいのだ。暑い夏はひんやり冷たいのど越しのものがおいしいです。

夏風邪でした。

ちょっと日記をさぼっちゃった。(^^; 火曜日にお医者さんへ行ってから治るまで時間掛かりました。けっこう辛い夏風邪でした。まだ完治ってわけではないけれど、ようやく脱出できそうです。みなさんもお気を付けて・・・。

今日、関東地方で強い地震があったけれど、みんな大丈夫だっただろうか?ずっと千葉県北西部で微弱な揺れが続いていたから「地震来るんじゃない?」って言ってたけれど、ほんとうに来たね。どうかみなさん無事でありますように。

今週はhideさんが早く帰ってくる週で、梅雨も明けて暑くなったので夕方の散歩は公園を一周だけして帰ってきて、夕食後日が暮れてからもう一度散歩に行ってくれました。そんなことめったにしてくれたことないのにね。暑いから可愛そうというのもあるみたいだけれど、どうやら私よりもロスの目のことを気にしているみたいです。明るいうちだと、他の散歩の人や子供たちに「あの犬の目ヘン!」って思われるのが辛いみたい。私も辛くないわけじゃないけれど、気にしたってしばらくは治んないんだし、「そんなの気にしない!」って思ってるんだけれど、男の人のほうがデリケートなのかな。そういえば今朝ロスもガールフレンドのワンコに「ロスぅ、おはよ~!!」って走って近寄ってこられたのだけれど、逃げるように「はよイコ!今日は急いでるねん!」という感じで先を急いでいたっけ。(べつにぜんぜん急いでないけれど)大好きな女の子にみられるのがちょっと嫌だったのかも・・・。

まだ先は見えないけれど、ロスはがんばっています。

ロスは元気です!




*庭で虫取りに夢中!

ロスは元気です。
今朝の散歩の時も友達のわんこに会い、「久しぶりやんけ~」などと挨拶しておりました。(爆)そのわんこのお母さんに「ロス、顔の腫れは引いたね~、顔面腫れてたもんね~」と言ってもらいました。正直、只今ロスの眼が最高に腫れ上がっているので私自身はすごく落ち込んでるんですけれど、客観的に見たら良くなってるみたいです。「周りが引いたから目立つだけじゃない?」って言われて、「そうかな~、そうだといいけれど。でもそう言ってもらってうれしいよ~」などと話しました。

それで、今日は通院の日です。今日は午後からの予約だったので、ちょっと早めに出ました。案の定道が混んでいたっけ。
体重は22.4キロ。変わっていません。すご~く食べてるのにね。全部患部に持っていかれてるんだろうか?果物やらお豆腐、キュウリ、パン、間食しまくってるのに・・・。
そして、今日もロスはみんなに押さえ込まれて、鼻にチューブを通してオイルを注入してもらいました。もうちょっとで一発でOKだったのに、私の抑え方がまずくて、あとほんの少し入らずにけっきょくあと2回トライして、無事注入できました。やれやれ・・・。あとは眼の腫れがぼちぼち引いていくのを待つのみ・・・。ときどき眼から膿がでてくるんだけれど、もっとどば~っと出てこないといけないそうです。ロス、がんばれ!!
2週間分の薬と軟膏をもらって帰ってきました。一週間ごとにステロイドの量が変わるので、袋も分けてもらいました。

そういえば、昨日からロスは好んで「エキナセアティ」を飲んでいます。私が「風邪気味だし・・・」と免疫力を上げてくれる「エキナセアティ」を飲んでいたら、「僕にもちょうだいな~」と訴えられ、小さな器に入れると飲む飲む!!私の飲む分がなくなってしまいました。とほほ・・・。

腫れは引いてきてるよ!

昨日は友達のO先生が遊びにきてくれた。私がバイトから帰ってくるまでにロスの頭の腫れ具合と先月撮ったMRIの画像のコピーを見比べて診断をしてくれた。その結果腫れは以前に比べたらずいぶん引いてきているとのこと。ただ、一番元の部分が眼球の裏側にあるんだけれど、そこはまだ腫れが引いてきていないとのことだった。ここの腫れが引かないと眼が元通りにならないのだ。目の腫れが引くにはまだしばらく時間はかかるだろう・・・ってことだった。今年はいっしょに泳げないかもね。(;;)

病名は「悪性リンパ腫」
ロスの場合、身体の他の部分のリンパ節も腫れたりしているので、遺伝的なものであろう・・・とのことだった。「悪性リンパ腫」はガンではないけれど、完治は難しく、(人間の場合は「白血病」とともに化学療法で治る病気に変わってきているそうです。)ロスのように身体の他の部分のリンパ節もすでに腫れたりしている場合は、今後免疫力が落ちた場合いっせいに腫れ上がってくることもあるそう。

O先生は人間の末期ガンや腫瘍が専門のお医者さんなので、今後ロスの身体の中で起こりうる状況やそのときどうしたらいいか、自分たちはどういう選択をするか・・・ということをいっしょに話し合ってくれた。O先生は人間のお医者さんだけれど、犬の場合も大差なく同じような症状が出てくるものと考えられる・・・と言っていた。それで詳しく説明してくれたから、病気に対して「これからどうなるんだろう?」とか解らないことへの不安というのは皆無になりました。それだけでもありがたいことです。もちろん仙人先生とも今後の事は相談していくつもりだ。

O先生は「今まで通り、しっかりご飯食べて、散歩行って、よく寝て、免疫力が落ちんように!」・・・って、「免疫力を落とさない」って・・・けっこう責任重大!
それにしても、ロスはO先生に甘えっぱなしで、枝豆やらケーキをこっそりもらっていたな~、かあちゃんはしっかり見てるんだからね!(`_')

これで我慢して!




*バズママに作ってもらったスヌード・・・活躍してます!

あ~、なんだか梅雨明けちゃうん?ってくらい今日は暑かった。は~・・・暑くなる前に治って欲しかったけれど、どうやらだめみたい。まあ、仕方ないか・・・。でもクラゲが大量発生するまえになんとか眼が治って欲しいな・・・そうしたら泳げるもんね。
焦らず、でも絶対治って欲しい・・・。

ところで、hideさんはロスにエリザベスカラーを取り付けるのは可愛そうだと言うのだ。たしかにこういうかぶり物は苦手なロスで、せっかくバズママに作ってもらったスヌードもじつは被らずにご飯を食べてるんだす。バズママ、ごめんなさい。m(_ _)m
そしてロスにエリザベスカラーを着けると、しばらくは昨日の画像のように寝そべったりしてるんだけれど、すぐにお座りして「頼むからはずしてください」と固まってしまうのです。その姿はたしかにうな垂れて、元気が全くない感じで可愛そうなんだけれど、私としては今は可愛そうも何も、治らない方が可愛そうなんだから、お薬が浸透する間は我慢して触らないようにカラーを着けておきたいのだ。でも、エリザベスカラーを装着しようとすると冷たい視線が背中を刺すのだ。(´ヘ`;)

この妙な男通しの連帯感を私は打ち破る事ができず、仕方がないのでカラーは諦めてスヌードを着けてみた。そうしたらカラーよりはいくぶん楽そうだし、眼を擦る事もないし、「これで我慢しなさい!」とお互いに妥協する事にした。やれやれ・・・

今朝から内服薬のステロイドの量が減り、もう「ハイ」って程ではなくなりました。そして、ご飯を食べたらいつものように気持ち良さそうに寝るようになりました。これできっと体重も戻ってくるのでは・・・と期待しています。昨日仙人先生に「体重も元に戻したいし、元気をつけてあげたいので『動物性たんぱく質』を摂ってもいいですか?」って聞いたら、渋々「ラムか地鶏なら・・・」とお許しをもらいました。それで昨日から地鶏入りでおじやを作ってあげています。ロスもうれしそうに食べています。

ちょっとだけ好転

サメなんこつ君食べてるんだよ~ん!


*ロスの留守中、サメなんこつ君を食べるダグですぅ。

今日はまた仙人先生のところへ行ってきました。

朝起きた時にロスの顔を見て、「ん?ちょっと腫れが引いたかな?」って思ったのだけれど、ず~っと頭も眼も、頬もボンボンに腫れてるのを見ていて、ちょっとくらい腫れが引いても「引いた?どうかな・・・?」って感じだったのだけれど、今朝は「引いたよね、これ!」と少しだけ期待してしまいました。

そして、仙人先生のところへ・・・診察室に入って先生はまじまじとロスの顔を見て・・・「あんた、腫れが引いたじゃん!」って!!!(o^o^o)やっぱり!!「眼の下の腫れが引いたね」と。そうそう眼の上はまだけっこう腫れてるんだけれど、目の下は左側と同じくらいの感じになってきてる。
それから、「じゃあロス、今日もがんばろう!」って・・・そうなんだよ・・・また鼻の穴に管を通してオイルを入れるのだ。1発目、「うまくいった!」って思った瞬間「ぐしゅん!!」って管をくしゃみで押し出してしまった・・・。(;;)2,3,4回・・・ううう・・・仙人先生が「ロス、がんばれ!こんなことで鎮静剤入れたくないからさ、がんばれ!!」って言うと「(+_+)鎮痛剤は嫌や・・・」って思ったのか奇跡のようにじっとして無事オイルを注入できました。ほっ・・・鎮痛剤も麻酔もどうやら嫌らしい・・・?(^o^;

A先生のオイルが効いてきているのか?ステロイドが効いてるのか?併用しているのでわからないのだけれど、とにかく少しだけ腫れが引いた事は確かです。このままじんわり腫れが引いてくれるといいな。それに元気だしね。ちょっとステロイドの副作用で胃の粘膜がやられてるようなう○ちのときがあるけれど、薬の中に胃の粘膜を保護するのも入っているし、一週間ごとにステロイドの量もだんだん減ってるし、そんなに気にならないくらいになってきてる。それで食欲があるし、お腹の調子もイイのでなんとか首から下は健全でこんなにひどいことになってるのに、こんなに元気なのかも・・・。

次はまた一週間後・・・。だんだん良くなるといいな・・・。


だまされた!




「案外、風を寄せ集める事ができて心地イイらしい・・・?」

今朝、ロスにだまされた!
朝、起きたら右の後ろ足を引きずって歩いていて、なんだかとても辛そうに見えて心配しました。歩けなくはないのでゆっくり公園に向かっていくと、なんとか行けそうでそのままいつものコースを歩いていました。途中でダグがう○ちしたので、その後始末をしている間「脚も痛そうだしどこへも行かないだろう」とリードを放すと、ロスは草むらの中をどんどん入っていって楽しそうに虫取りしてる様子。「え~!脚痛いんちがうんかい?!!」私の殺気に気がついたロスは「今は形勢が不利」なのをわかっているのかスタスタと戻ってきました。(`_') 家に帰ってきて、毛を梳いて「さあ、家の中に入ろう」と階段を上がりかけると、ロスが「階段上がれへんねん、抱っこして!」・・・って・・・「え~?そんな痛かったんかいな~・・・ごめんよ・・・」と仕方なく抱え上げて階段を上りました。そのあと痛そうにしている足を触って、どこが痛いのか確かめようとしましたが、「きゃん!」と声をあげるわけでもなく、ちょっと何かでひっかけて捻ったような感じでした。その後もどんどん脚は元通りになっていって、夕方の散歩は涼しかったので海が見える住宅街まで出かける始末・・・。おまけに「猫はいないか?」とひっぱりまくるし!(猫はいたんだ・・・ロスの死角の右側に2匹も!・・・見えなくて助かったのでした。)現在・・・脚は元通りに戻っています。それにしても・・・「ぜんぜん元気やがな・・・、朝のあの心配はなんやったん!!(怒)甘えてただけかいな・・・(;¬_¬)」もぉ~、ちょっと甘やかし過ぎかも・・・。

でもね、ロスは抱っこしてあげても、5分くらいしたら「もうええわ・・・」って降りていってしまう子なのです。これは小さい時からそうでした。うちの子になったその晩「寂しいよ~、かあちゃんところへ帰りたいよ~」って泣くから「今日からここがロスの家だよ~」って抱っこして寝かしてあげても、しばらくしたら「もうええよ、一人で寝る」とタオルケットの上に寝に行く子でした。それは今も同じ。この頃バイトから帰ってきて、おしっこに行って眼に軟膏を塗った後、触らないようにそのまま抱っこしてあげているのだけれど、しばらくしたら「もうええよ・・・触らへんって・・・」と自分の寝床に行くロスです。甘えたところもあるけれど、やっぱり男の子であっさりしているのかな~。そういうところが意地らしくて、憎めないところなんだよね。


やっぱり食い気?

ロスの新しい治療の効果が出るのにはしばらく時間がかかりそうです。
まあ、気長に待つとします。
このところ、水ばかり飲むとどうしてもお腹が緩くなるので「緑茶飲んでみる?」って出すとおいしそうに飲むロスです。ダグは「何これ!まずっ!!」って感じ。(笑)


ところで、ダグさんのこと・・・
今朝のゴミ出しのとき、ダグはお利口に玄関に寝そべって泣かずに待っていたようです。いつも「ゴミ出しについて行くよ~!!、置いてかないで~!!」って泣くんですけれどね。(;^_^A それに、昨日ロスを病院に連れていくのに部屋からロスだけ連れ出した時も、ダグは寝たまま顔をこちらにひねって「あ~、行くの?行ってらっしゃい!」とあっさり見送ってくれました。hideさんも「あんまり動じなくなったな~」って言っていて「ダグも少しは大人になったのね」などと話していたのですが、これにはおまけがあったのです。私たちが出かけたらダグは「シメシメ・・・」と部屋を出て、さっさとキッチンの自分たちのおやつが入っている扉の前に座って「とうちゃん!サメなんこつ君、ちょうだい!!」って見上げるんですって!(爆)そしてサメなんこつ君をもらうとゆっくり楽しそうにカミカミするんだとか・・・。('_'?)・・・ったく・・・「寂しい」んじゃなかったのかい?食い気の方が勝ってるし・・・。まあ、らしいっちゃ、らしいけれど・・・。

とりあえず、ロスが病院に出かける事がそんなに苦にならないのなら、なんでもいいけれどね。(⌒‐⌒)

自分で治療しちゃだめ!


昨晩から、ロスは眼が痒いのか、自分で痛くない程度に前脚で右目をゴシゴシして、カサブタをとったりしていました。まあね、野生動物ならそんなことをして自分でなおすこともあるかもしれないけれど・・・やっぱり黴菌が入りそうでむちゃくちゃコワイ!もうぉ~、触ったらあかんってば!!と何度叱った事か・・・。

それで、今日、また仙人先生のところのへ行ってきました。
先週末、以前からお世話になっているA先生にロスの事を相談したら、新しい薬(といっても西洋医学の薬ではないです)で治療してもらうように仙人先生に連絡をとって下さって、その薬を使って処置してもらってきたのでした。(もともとA先生の紹介で仙人先生に診てもらうようになったのです)

ロスの右の鼻の穴に管を通して、調合したオイルを注入してもらいました。この鼻の穴の中に管を通すのに5分くらいかかってしまった・・・(-_-;)気持ち悪いのはわかるけれど、ちょっとくらいじっとしてればいいのに・・・。次回も注入する事になってるけれど、今から心配です。あと、ティツリーの強烈な香りの軟膏も右目にたっぷり塗ってもらいました。ロスは服用するオイルが苦手なので、家ではカプセルに入れて飲ますようにしています。同じ香りなので、軟膏は嫌いかと思いきや、もともと目薬は好きなので目薬を塗る時はじっとしているロスでありました。

服用していたステロイドの量が若干減っただけで、興奮の度合いも少なくなり、寝る時は寝るようになったので、体重がど~んと減っていたのもストップしました。これは見た目、かなり心配だったのですが、下げ止まっていてほっとしました。でも、元気つけなくっちゃね!!・・・ってことで、さっきメロンと桃を食べて、今は気持ち良さそうに寝ています。・・・と思っていたら、夢見てるみたい・・・ちょっと悲痛な声をあげて。ひょっとしたら鼻の穴に管を通されている夢でも見てるんやろか・・・(^o^;

そうそう、昨日はハプニングがありました。
夕方の散歩から帰ってきたら、ダグの右側のほっぺと瞼がボコボコに腫れてるではありませんか!「あんたまで、なんやのその顔は!!」って言っちゃった。(笑)
どうやらウルシかなにかにかぶれたみたいで、赤くぶつぶつができていました。
もぉぉぉぉ~・・・・・・・と言いつつ、冷たい水にティツリーのシャンプーを入れてかき混ぜ、そこへタオルを入れて浸してそのタオルをダグの顔につけて顔面を冷やす事しばし・・・。そうしたら、赤味の腫れは引きました。今もボコボコ・・・とはなっているけれど赤味がないし、痒いのも我慢できる程度みたいです。あ~、ほんまに世話が焼けるやっちゃ!!

どしゃぶり・・・

どしゃぶり・・・です。

今ロスはステロイドの服用により多飲多尿傾向で、さすがに家の中で粗相をすることはないけれど「おしっこ行きたいねんけど!(怒)」って感じでテラスに面している引き戸のところを行ったり来たりします。雨でも外で用をたしたいロスなので傘をさして外へ出て、・・・屋根付きのガレージの一番端のところでおしっこしてくれるようになりました。これで濡れずにすむのでらくちんです。

ダグは自分がおしっこに行きたくなかったら、家の中で平気で待ってるようになりました。・・・たまたま・・・気にしてなかっただけかもしれないけれどね。(^.^;

今朝の散歩の時、いつも仲良くしている犬友に会いました。ロスの事情は話してあったんだけれど、やっぱりかなりショックだったみたいです。「ロスのハンサムな顔が・・・」って絶句してた・・・。私は「そうなんだ・・・」って・・・そうしか言えなかった。他の人にはなるべく会わない時間帯に出かけて、会ってもロスの右目を隠す位置に立って・・・気付かれないようにして・・・。

でも、ロスはひどい眼になっているなんてわかってないし、「もぉ~、なんかだんだん痒くなってきたんやけど!!」って、自分で痛くないようにぽりぽり右目を掻いたりして、「あ~!!掻いたらあかんで~!!」って言うと「そんなん言うても痒いねんて!!」って顔してこっちを見つめています。そんなやり取りをしていると、悲しい気持ちもどこかへ行ってしまって、「早く治るといいな~」って。

洗った!

今日、やっとロスとダグを洗った!!あ~、さっぱりした~。イイ香りで気持ちいい!!

ロスも首から下は洗ってもイイって、昨日仙人先生が言ってくれて、hideさんが洗ってくれました。(ロスはhideさん担当なんです)
ダグは私が洗って・・・足の裏は想像していたよりはじくじくしていなくて、赤いくらいですんでよかったです。やっぱりパッドの間の毛がボウボウで蒸れていたのかも・・・。この季節は小まめにカットしないとね。耳の中も思っていたよりはきれいだったので助かりました。

あとは・・・この頃歯磨きしてないな~。
ロスはちょっと顔を触るのがコワイから(って顔を拭いたりしてるけれど)もうしばらくお預けしておくとしても、ダグは・・・週末歯磨きしなきゃね!

今朝から内服薬のステロイドの量が若干減って、それだけでも水を飲む量がこんなに変わるんだとびっくりしました。それにハイになるのも少し治まってる感じ・・・。昼間も寝たりしていたし。これなら痩せてしまった体重もまた元に戻っていくんじゃないかな・・・。昨日は体重を量ってもらってびっくり!22.4キロ・・・だったんだもんね。これじゃ、ガリガリブラザーズじゃん!動物性たんぱく質は与えられないので、・・・桃やバナナで・・・太るかしらね?案外お腹の調子でよかったのが「おぼろ豆腐」ちょっと軟便だったのもマシだし、健康にもいいしね。

毎日試行錯誤の連続です。

星に願いを・・・

050707r.jpg


*こんなふうにおもちゃを二つもくわえて「あそぼ~」と誘うロスです。

今日は七夕ですね。みんな短冊にどんな願い事を書きましたか?
昨年は「ダグの盗み食いが直りますように・・・」と書いてバイト先の人たちの笑いをとったのだった。今年は「佐伯さん書かないの?」と言われたんだけれど、なんかあんまりにもリアルな願い事なので、短冊にはしなかったのだ。そのかわりさっき公園に行ってロスとダグといっしょにお星さまに「ロスの眼が治りますように・・・」って祈ってきました。

ところで、今日は仙人先生のところへ行ってきました。

頭部の腫れは引いてきていたのに、昨日の夕方から眼だけまた晴れてきて眉間も腫れてピクピク動かなくなってしまいました。最初はそんなに心配していなかったのだけれど、時間が経つにつれて「なんでだ~?」と気になり、夜分遅くにO先生に電話してしまった。こういう症状はO先生に聞いた方が的確に答えてくれるから・・・。そうしたら、ステロイドによって腫瘍が縮んできてるんだけれどそれに伴って縮んだところの血管が破れたりして内出血するらしい。もともとリンパ腫っていうのは出血を伴わないものらしいのだけれど、ロスのリンパ腫は特殊で画像からも出血している部分がたくさんある事がわかるそうです。それでしばらく腫瘍が小さくなる間ときどき起こるだろう・・・とのことでした。で、「このまま様子をみよう、必ず小さくなるし」と言われて床につきました。(+.+)
またO先生に助けられちゃった・・・。m(_ _)m

それで今日、仙人先生も「眼がちょっと腫れてるな~」ってすぐに気がつかれて・・・で「このまま様子を見よう、ロスは元気だし、なぁロス!」・・・ということで今週より若干ステロイドの量を減らした薬を出してもらいました。
そう、今はこのままがんばるしかないのだ!

ところが昨晩からの私の心配をよそに、ロスはほんとうに元気爆発で、家に帰っても「あそぼ~、あそぼ~」とおもちゃを持ってきて催促するしまつ・・・。ほんまに、かあちゃんはどんなに心配した事か・・・。(-_-#)
今日は早く寝るぞ~!!

ごめんねダグちん

050706d.jpg


*涼しいのでひっくり返って寝ていたダグ・・・

ロスの眼は小康状態が続いています。
今日は結膜に付いていたカサブタが全部はがれていました。自分で引っ掻いたのか?庭で虫取りしていたときに草木にひっかかったのか?それはわかりませんが・・・。血はでてないので、目頭と目尻に軟膏を塗っておきました。
明日は仙人先生のところへ行く日です。

今日はダグの事・・・
このところずっといろんな事を我慢させてるかもしれないダグ・・・。でも彼は彼なりにがんばってるみたいです。ロスにマウントされてもじっと我慢しているし、ロスにちょっかいを出されても「かあちゃん、今はじっとしているよ・・・」って目をして私を見ます。散歩も先日からはいつものコースになりロスと一緒に行くようになりましたが、先週1週間くらいはずっとロスはショートコースでダグだけいつものコースに出かけていたのです。最初の頃はロスと分かれると「僕も帰るよ・・・」と振り返り振り返りぜんぜん前に進まなかったのに、最後の方は一人でも散歩にいけるようになりました。それにこの頃ではロスと距離が離れても焦って追いかける事もなくなり、自分のペースでトコトコ、フラフラ散歩を楽しむようになりました。
ダグも少しは大人になったかな?

それとは別に・・・私の管理不行き届きで、ダグの足の裏が真っ赤なのを今日発見してしまいました。(T-T) 今のジトジトした季節はもともとダグは苦手で、いろんなところが赤くなったりして、要注意なのに、ロスの事ですっかり面倒が見れていなくて、可愛そうな事をしてしまいました。ところがお風呂に入れたくても天気がいまいちで洗う事ができないし、とりあえず足の裏の毛をハサミで短くして(これも2週間くらい切ってなかった)爪も切って、シャンプーを浸したタオルで拭き、顎の下も引っ掻いたのか?毛がなくなっているところにオイルを塗ったりして、応急処置をしておきました。は~、ほんまに可愛そうな事をしてしまった・・・反省・・・。
明日は晴れそうだけれど、ダグのシャンプーは穴という穴はすべて洗わなくちゃいけなくて、hideさんにはまかせられないし・・・病院から帰ってきて時間があったらいいんだけれどね・・・。だめだったら金曜日までお預け・・・、ごめんよ・・・。

だれか一人病むと、みんな体調を崩しやすくなるから、・・・結局母がコントロールしなくっちゃいけないんだよね・・・。あ~・・・責任重大だ・・・。

画像診断

ロスの右目は・・・毎日腫れが引いてきているけれど、先に眼の周りから腫れが引いていっているので、いつまでたっても一番引いて欲しい右目の腫れが変わらない感じに見えて、「ほんまに治ってる?」「引いてるよな・・・?」とじろじろ見てしまう毎日です。

今日は朝一番に日獸からMRIの画像が届いた。この間検査してもらった時、画像をもらって帰るのをすっかり忘れていて(そんな雰囲気でもなかったし)、月曜日に病院に電話して送ってもらえるか聞くと「すぐに宅急便で送ります」と言われて、きっとすぐに用意してくれたのでしょう、それで朝一に届いたというわけです。ちと高かったけど・・・(^o^;

その画像を友達のO先生(人間のお医者さん:画像診断が専門)に診断してもらいました。大学病院ではこちらも素人だし、「安楽死」の話しまで出ていたので、先生も詳しく説明はしてくれなかったし、どこまで腫瘍が広がっているのか私たちにはよくわかりませんでした。というかMRIの画像の方が見た目よりもっとひどい状態に見えて(右目眼球が突出していてそのうしろにもこもこと異様な細胞があるのがわかる)、声もでなくて涙がぽろぽろ出てきてしまって・・・先生も簡単な説明に終わってしまったのだと思います。今日初めて画像をみたO先生でさえ「これだけ広範囲に広がって出来てるとは思ってなかったわ~、かなりひどい状態やったね」と驚きを隠さなかった。現段階で画像はちょっと紹介できません・・・きっとみんなびっくりするから・・・。どういう感じかと言うと、マズルの先から後頭部まで悪性リンパ腫?が広がってるんです。ただ脳への浸潤はないだけで。(なんか頭の中にエイリアンでもいそうな感じなんよね~)

最初に「この症状で命をとられる事はないよ」と言ってくれました。
ただ、大学病院の眼科の先生が言ってたように細胞に圧迫されて動脈に傷が出来て出血し、出血多量で・・・ということはまれにあるみたいです。

それで、当分の心配は右目が元通りの位置に戻ってちゃんと見えるようになるのかどうか?ってことです。じつは画像診断はO先生だけでなく、O先生の同僚にもしていただいたのですが、右目が元通りになるかどうかは意見が分かれました。O先生は「画像から右目は壊死していないし、ちゃんと元の位置に自然に戻ってくれる」という見解で、他の先生は「壊死はしていないけれど、元の位置に戻すには外科的処置が必要」という見解でした。なんとか自然に元の位置に戻ってくれるといいのだけれど・・・。

次の問題はステロイド投与の途中でステロイドが効かなくなる事があるそうで・・・。
そうなるとまた増殖が始まるらしいのです。「頼むし、それだけは勘弁してほしい!」と願うばかりです。

今回無事、腫れが治まったとして、二度と再発しない可能性もあるが、今回より短い周期で再発する可能性もある・・・とのこと・・・。これも今から心配しても仕方がないけれど、心に留めておく必要があります。

O先生は「ステロイドも効いてるみたいやから、ぼちぼち治ると思うし、ゆっくり経過を見よう」と言ってくれました。

それで、どういう生活をしたらいいか・・・というと、美味しい御飯をしっかり食べて、しっかり運動して、良く寝て、(なんか殿様みたいじゃん!)・・・免疫力を高めるしかないそうです。食事はね、免疫力を高めるものをプラスするとかはあっても、基本的なところでは自信というか、間違っていなかったと言えるのだけれど(首から下は健康だし)、運動・・・となると、もう少し運動させた方がよかったのかも・・・と反省してしまう。ロスにはもっと運動が必要なのかも・・・。とにかく眼が治ったら、真っ先に海へ行きたいね!その日が来る事を願っています。

瞼がピクピク

050704r.jpg


*おもちゃをカミカミするロス

今日は右目の鼻側の瞼がピクピク動くようになりました。よく見ると腫れも引いてきていて、動くようになったみたいです。やった!

今日は久々にロスはおもちゃで遊びました。1週間ぶりかな・・・。ステロイドの影響でハイだし、やり場のないエネルギーをすぐにダグへのマウントでなんとかしようとするので試しに口元に柔らかいおもちゃを持っていってみたのだ。するとうれしそうに口にくわえて走り回り、ソファーに運んでカミカミしはじめました。その後「もっと他のおもちゃないの?」と催促され、仕方なくダグのおもちゃを貸してあげたら・・・みるみるうちに破壊されてしまった!(TOT) ダグ、ごめん・・・(-_-;)

それから今日はシジミで出汁をとって、その出汁でおじやを炊いてみました。シジミで出汁をとるのは肝機能の強化に有益だそうで・・・ステロイドで疲れてしまった肝機能には良いかな・・・と思ったのです。
ロスは美味しそうに食べていたから、またこうしておじやを作ってあげようと思いました。

少しずつ・・・

少しずつですが、腫れは引いてきています。
右目の結膜の充血がずいぶん治まってきて、出血が止まってきました。
明日はどれくらいになってるかな~。

ステロイドの副作用で、人間の場合「精神高揚」というのがあるそうです。簡単に言えば「常にハイ」な感じだそうで、寝つきが悪く早く目が覚める・・・という感じで「犬の場合も大差なく現れるのでは・・・とはO先生談。
言われてみれば、ロスは午前中ずっと起きていました。今日は曇り空でそんなに暑くないのに、興奮したようにはぁはぁと暑そうにしていた。それにすぐにダグにマウントしにいく・・・。大人しいダグもさすがに嫌なのか朝はけっこう声を出して拒否していました。ダグに拒まれても、私に注意されてもまたマウントしにいくんで、抑制されたエネルギーの発散場所に困ってるんだろうか?などと思っています。ヤレヤレ・・・。

ウンチは順調です。念のため今日も葛湯は与えました。葛湯って万能薬なんだと改めて気がつきました。下痢の子にはもちろん「皮膚が弱い犬やアレルギー持ちの子には毎日食べさせると症状が改善される事がある」と書いてありました。ところがロスはこの葛湯は苦手なんです。材料は本葛と水だけだから味もしゃしゃりもない・・・といえばそうなんだけれど、ロスはこういうのに敏感で最低限蜂蜜でも入れて甘くしないと飲んでくれません。なので毎日豆乳を加えたり、ブルーベリーを入れたり、今日はサツマイモをマッシュして丸くまとめ、それに葛湯をかけて与えました。ほんと世話が焼けるんだ~ロスって!

掻いたらダメ!

お陰様で、ステロイドの効果が出てきたのか?まぶたのうっ血はずいぶん引きました。普段通り・・・にはまだ遠いけれど正常な色に戻りつつあります。結膜の方も充血が治まってきて、正常な細胞の色になってきました。右側の腫れも肉眼では引いてきているように見えるけれど、写真に撮ったらそんなに変わってないような感じもするので、今日は画像のアップはやめました。正面の写真はかなり良くなってきたんだけれど、正面から撮った写真をhideさんに見せて、「これってコワイ?」って聞くと「普通の人は気絶する」というのでこちらもまだ載せられません。というか、hideさん自身、直視できないのだ!偉そうな事を言っても男の人は「血」に弱い人が多いものね。

結膜に出来たカサブタが痒いらしく、昨晩から右手で引っ掻こうとするのですが、ちょっと触っただけで「ひゃん!!」と悲痛な声を上げています。「もぉ~、せやし触ったらアカンて言うてるやんか~!!」と言うとしゅんとするロスです。そしてきつく触ると痛いことを学習したみたいで、そおぉ~っと、擦っているロスでありました。
カサブタがとれたところには抗生剤の軟膏を塗って感染を防いでいます。飲み薬の中にも抗生剤が入っているのでエリザベスカラーはとくに渡されてません。


ステロイドの副作用の「多飲多尿、軟便」は治まりました。木曜日の晩からいつもの手作り食を食べるようになって、水は飲まなくなりました。常日ごろから我が家は手作り食にしてからロスもダグもほとんど水は飲まないんです。おじやに含まれている水分だけで足りてるようです。それで水を飲まなくなったのでウンチも少し柔らかめくらいで治まっています。ステロイド剤の量も経口投与なので注射に比べたら負担も少ないのかもしれません。

今日は順調に回復していっていることを少し感じたので、ロスに「がんばれ!」って言いました。それと「掻いたらダメ!!」ってね。

ステロイドの副作用

水曜日、木曜日とステロイドの注射を打ってもらい、今日から抗生剤といっしょに経口投与しています。水曜日帰宅してから水をすごく欲しがるようになり、「お薬のせいかな?」と思っていました。水をたくさん飲んだらおしっこもたくさん出るわけで・・・今までより少しだけ頻繁におしっこに出るようにしています。

火曜日の夕食は夕方の5時頃に食べさせて、その後は豆乳を少し飲んだだけで大学病院に行き、水曜日の夜はヨーグルトと豆乳だけ、木曜日の朝も同じで病院から帰ってきて、少量のおじやをあげました。昨日の夜から本格的にいつもの食事に戻しました。その後はそれほど水を飲まなくなりました。手作りのおじやにそれだけ水分が含まれているってことになるのでしょうかね。それで、水はそんなに飲まなくなったのでやれやれ・・・と思っていたら、朝のう○ちが軟便で・・・薬が合わないのか?と焦ってしまいました。それでちょっと「ステロイドの副作用」について真剣に調べてみました。考えてみると今までステロイドで治療した事もないし、真剣に調べた事もなく、自分の身に降りかかってくるとは夢にも思っていませんでした。

調べた結果、服用すると大量の水を飲むようになり、水分のとり過ぎにより下痢になるそうです。そんなことも知らなかったわらひでありました。

あとは、いつも参考にしている須崎先生のサイトにステロイドの投与中気をつけなければいけないことがまとめてありました。「乳製品の摂取はストップ」・・・ヨーグルトもだめってことですね。「肝臓機能を強化する食事」「超低たんぱく質」・・・魚の量を減らさなくっちゃ・・・。レシピにはキュウリ2分の一本と書いてありました。これは喜びそう・・・。

来週も仙人先生の所へ行って腫れ物の大きさを診てもらい、ステロイドのお薬をまた作り替えるのだと言われました。しばらく通院することになりそうです。

腫れ物の方は増殖はストップしているように見えます。まあ、ぼちぼち・・・ね。

たくさんの方に励ましていただいて、今は平常心を保てるようになってきました。ありがとうございました。症状が落ち着いているのも影響はありますけれど。
2年前のときも、私はけっこうメソメソしていました。でもメソメソしているとロスがとても不安になるみたいで、一番腫れのひどかったとき自分でどうしていいかわからず、狼狽えたのがロスにも伝わってロスの呼吸が荒くなり苦しそうになり病院に駆け込んだ事がありました。病院に行ったら先生に「ぜんぜん大丈夫だよ」と言われ拍子抜けしてしまったのを覚えています。なので今回はロスの前ではぜったいメソメソしないでおこうと決めていました。でも、マイナスの気持ちって押さえ込んでいるとそれも身体に悪いと言うか、胸が痛くなり身体が震えてくるんですよね。こんなのは初めての経験でした。それからロスには気付かれないところでマイナスの気持ちを発散するようにしました。手元にあったフラワーレメディーも飲んでみたりしました。今回は長丁場になりそうだし、自分自身も無理せず、がんばりすぎず、ぼちぼちいこう~って思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。