体質

今日はかなぶん提供で、、、(^_^;

こちらはなんだか空梅雨で、
せっかく買ったダグのレインコートもそれほど活躍せず、
洗濯して仕舞いました。ぶーぶー、、、

梅雨明けしたのかな~?と思っていたら、
朝からぎんぎらぎんのお日様で、
いきなり夏ばてしそうな勢いやん。あぢー、、、。(^0^;)

梅雨明け前のオールドローズさん

100717rose.jpg

今年はなんか、たくさん花が咲き続けてくれています。
こんなに咲いたのは初めてで、ちょっとびっくり!
朝方は庭からぷんと甘い香りが漂ってきて、ちょっとリッチな気分の今日この頃です。


四日ほど前、ダグの右肩のうしろに花豆くらいの大きさのできものを発見!
ぷっくり腫れてるけれども、色は無色、、、
この無色っちゅうのがけっこう癖あります。

「またぁ~、、、なんでこんなんできてるん?」(T.T)
歳も歳だけに、こういうものって出来やすいのか?
ダグの体質だからか、、、
まったく、、、どうしたものかと思っていたのですが、
とりあえず、ティッシュソルトの本を引っ張り出してきて、
「潰瘍予防、硬化を防ぐ」ティッシュソルトを調べて、
一日に三回くらい与えました。

翌日無色だった部分が真っ赤に変色。
中心が何かに噛まれたような点があり、
虫に噛まれてたんかいな、、、?

手遅れだけれど、虫さされのティッシュソルトを粥状に溶かして幹部に塗ってみる。

三時間ほどしたら患部が弾けて、中から膿のようなものが血とともに出る。
これにはちょっとびっくり!
その後もどんどん中の悪いところが外に出てくる、、、。(◎-◎;)
傷口をチェックする度にカレンデュラのチンクチャーで消毒する。

こうなると、次は傷口がなかなかなおらんダグなんで、
「なかなか治らない傷に」というティッシュソルトを与えて寝る。(=_=)zzz,,,

今朝、ちょっと見てみたら、傷口が乾いてきているようなので、
今日はこのまま様子をみることにする。
傷を剥がすとまたくっつくまで時間かかるし、、、。
あとはすっきり治ってくれることを祈るのみ。

思い起こせば、一昨年暮れからおしりに出来た腫瘍っぽいものも、
最初はこんな感じだったような気がするのです。
気がついたときに適切に処理しておけば、、、
といっても、あの頃はまだティッシュソルトはあまり知らなくて、、、(^_^;

とりあえず、なんでダグはできもんが出来やすいのか、、、。
体質とはいえ、虫に刺されただけでその箇所が固くなり、
潰瘍に変化していく、、、

不思議なのは、一応、それ相応のティッシュソルトを選んでいるとはいえ、
(私は素人なのです。ホメオパスではないし。)
でも、ちゃんと患部に反応してくれてうれしいです。
ま、ダグ専属のホメオパスっちゅことで。(笑)
ちゃんときれいに治りますように!(^人^)


注意:使ったティッシュソルトの種類はあえて明記しませんでした。
スポンサーサイト

苦しむ二人

あちこちでたくさん雨が降ってるそうですが、
こちらは毎日予報がはずれて、晴れています。
おかげで蒸し暑く、毎日エアコン三昧でございます。

090726d2.jpg
天日干ししたとうちゃんの布団にどっかと乗って、昼寝をするのが目下の楽しみですぅ。

二週間ほど前から、また新しいレメディーを始めました。
今回も、かあちゃんと一緒に始めました。
が、今回二人とも激しく好転反応が出て、二人で七転八倒、、、
ぼくちんはもちろんカイカイ状態がひどくなり、
かあちゃんは、夏風邪を引いたようになり、鼻水製造機と化しました。
かあちゃんもぼくちんもピークは過ぎましたが、かあちゃんはまだぐずぐず鼻水を製造してるし、ぼくちんは相変わらず時々身体が痒くなります。
こんなに湿度が高い日が続くとカイカイはなかなかよくなりません。

かあちゃんは今回初めてこんなにひどい好転反応に見舞われて、辛いのはわかるけれど、ぼくちんの先生に「先生、もうだめかも、、、」とぶーたれる始末。ぼくちんなんて、そんなこと一度も言ったことないのにぃ~!!ぶーぶー。
でも、「なんとか二人で乗り越えよう~」と一致団結しました。

かあちゃんいわく、二ヶ月くらい前から始めたヨガのせいで、毒だししやすい身体になっちゃったのかもぉ~、、、って。ほんまかいな!!

090726d1.jpg
ぼくちん、かあちゃんがヨガをやりだすと、ヨガマットを占領します。
かあちゃんは仕方なく、ぼくちんのタオルを敷いて、ヨガやってるらしい。あはは、、、。
ドッグヨガってったって、かあちゃんがぼくちんを抱き上げたりはできないからね、やってるかあちゃんのそばにいれば、効果があるかも、、、って思うんだけど、どうだろう。

今日はかあちゃん、またまたパンを焼いてました。こんなに蒸し暑いのにぃ~。
自分で「ちょっとコツがわかってきたかも~」とうれしそうでした。
090726b.jpg

ライ麦入り山食でっす!どうでもいいからぼくちんにもください!!

一旦、終了!


昨日、担当ホメオパスからメールが届きました。
「今後はセルフケアで」と。
セルフケアの範疇を越え、困ったら、また相談にのってくださるそうです。

レメディーも一度ストップして、様子をみることになりました。
何か症状が出たら、その都度レメディーを選んで与えてみるようにとのこと。

ダグの耳の血腫も9割は治りました。
左耳と比べるとなんとなくまだちょっと分厚いかな?という程度。
ダグの身体は治癒に向っているので、レメディーを与えなくてももう大丈夫だろうということのようです。もし、また腫れてくるようなら、今まで与えていた鬱血のレメディーを与えればいいのだし。

先週はまたう○ちがたくさん出て、腸壁が一掃されたのではないかというくらい、出てきました。最後の方はいつまで出るんだろう?とちょっと不安にもなりましたが、粘膜が付着した便が続く時に与えるレメディーを与えたら、2日くらいで落ち着いてきました。

この頃は足の裏もあまり痒くないようです。足の禿げたところもだんだん毛が生えてきました。
耳の飾り毛はまだもう少しかかりそうです。
もうちょっと生えそろったら、頭もカットしなくちゃね、
昨夜もO先生に「なんやダグ、モヒカンカットにして!」と言われてしまったもんね。(汗;)あと、もうちょっと・・・。

081117d.jpg

1年半お世話になったホメオパスには、心から感謝し、いつも励ましてくれた友人にも感謝し、怪しい?(笑)治療に文句も言わず、黙って見守ってくれたhideさんにも感謝しています。それからホメオパシーに導いてくれたのは、西洋医学に見切りをつけさせてくれたロスのおかげでもあるので、ロスにも感謝しています。助けてくれたみなさん、全員にありがとうの気持ちでいっぱいです。

今後はエセホメオパスとして、(爆)セルフケアの知識は増やしていきたいと思います。
ダグも元気でいてくれたら、言う事なしです。


落ち着いてきました。

木曜日に動物病院で右耳の血腫の血を抜いてもらいました。
けっこう出た。
その夜はバイトも休んで、ダグに付きっきり・・・だったけど、ダグも動物病院での処置に疲れたのか、爆睡。こんなことならバイトに行けば良かったと、拍子抜けしたくらいでした。

血を抜かれたところにステロイド剤を入れられちゃったから(痒み止め)か?金曜日の夜から血便になってしまったのでした。
今までは抗生剤を山盛り飲もうと、ステロイド剤を飲んだり打たれようと、特に変化のないダグでしたが、ホメオパシーのレメディーのおかげで、身体の中が綺麗になったのでしょう、しっかり薬の毒出しができたようで、血便なのに、うれしくなってしまった私でした。
土曜日もまだう○ちは本調子ではなかったのですが、今日はずいぶん良くなってきました。

痒み止めのレメディーも効いてるのか?耳を掻くこともほとんどなく、血腫も少しずつですが、小さくなってきているように思います。

ダグは元気になってきて、一安心。
ちょっと気温も下ってきたから、このまま治ってくれるとイイナと思います。

ううう・・・

昨日からダグの耳がぱんちくりんに腫れ上がってしまいました。
血腫用のレメディーで少し落ち着いていたのに、
火曜の早朝ゴリゴリ掻いてるな~・・・と夢の中で思っていたのですが、目が覚めたらほんとうに今までの3倍くらいに腫れ上がっていました。(号泣)

昨日は血腫用のレメディーを頻繁に与えてみたけれど、あまり変化はなかったので、担当ホメオパスに「急ぎの時だけ」と教えてもらっている携帯にメールして、指示を仰ぎました。
それで、返事をもらって、また新たにレメディーを始めました。

今回はもう物理的にレメディーだけでは無理っぽい。
私もこのままだと不安だし、明日動物病院で溜まった血を抜いてもらう予定です。
命に関わらないとはいえ、ちとあんまりなんでね。
かかりつけの動物病院は嫌いだから、足が重い・・・。
ダグのひどいアレルギーを診て、すぐに小難しいアレルギー治療を勧めるのだ。
そして「ちょっと高いけれど(金額が)試してみる価値はありますよ」と言う。
で、「高いならやめておきます」と答える私でありました。(笑)

それにしても、もうダグの身体の中はかなり解毒されていて(薬害もほとんどない)、残っている諸問題もほとんどないのに、どうしてこんなふうになってしまうんだか・・・。
最後に出し切ってるのかな・・・。
ま、がんばるしかないのだ!


耳は一応、痛くはないらしい・・・

081022d.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。