へっぽこマッサージ

  • Day:2010.12.08 16:52
  • Cat:健康

もうひとがんばりのような気がして、、、
あんまり真剣に取り組んでいなかったリンパマッサージを、
もうすこしがんばってみようかと思い、、、、

ただ、足の怪我の影響で、
(治療ですねのあたりの穴を開けたところに先の丸い注射器を挿入して傷を洗っていた)
身体を触られるのが恐いダグ朗くん。

散歩から帰ったら、臨界水を薄めたお湯にタオルを浸して、
身体を拭くのだけれど、
そのときにタオルをかまして手足や関節部分をマッサージするようにしたところ、
なにやら気持ちがよいのか?大人しくされるがままになっています。


手の先とか、足の先は気持ちよさそう~~~~

「いやぁ~、、、私もこういうところ揉んでほしいんやけど、、、」
などと思いつつ、、、(笑)

今日は日中は暖かかったけれど、
だんだん空気が冷たくなってきました。
寒くなった方が調子が良くなるから、ダグ朗くんには良いです。

101205sora.jpg

明日の朝は冷え込みそう。




こちらは昨日作ったパネトーネ。


101207pa.jpg


手間取って、けっこう時間かかった~。

今日はまたシュトレン焼きました。
う~ん、着々、、、。


スポンサーサイト

やっと包帯とれました。

  • Day:2010.12.06 12:33
  • Cat:健康

足にチューブが通してあった傷跡がなんども開いて、
なかなか完治までこぎ着けなかったのだけれど、
なんとか、週末、包帯なしで過ごしてみました。

一度がしがし噛まれて流血してましたが、(涙)
傷は深くなくて、傷口を洗って、消毒
(カレンデュラのチンクチャーで洗ったあと、薄めた臨界水をすりこませる)
したあと、ほうっておいても大丈夫な状態でした。やれやれ、、、。

その後、傷口を気にすることもなく、
傷も塞がって、きれいになってきました。
もう洗っても大丈夫そうだよね、、、

ということで、今日は一ヶ月以上洗ってなかったダグ朗くんをシャンプーしました。
毛がないので、洗うのも早い!
シャンプーを洗い流したら、カレンデュラのチンクチャーと薄めた臨界水をお湯に入れて、
かけ湯して、終わり。

朝の散歩で遠出したからか?痒そうにしてたんだけれど、
洗ったら落ち着いたみたいで、
今はスヤスヤ眠っています。

乾かしているときに、うっすら毛が生えてきているのを発見!!
いつまでたってもつるっ禿げで、寒そう、、、と思っていましたが、
身体は再生していっているもよう、、、。

それにしても、やっと臨界水の使い方ポイントがわかってきた私で、(汗;)
夜になると体内のウイルスたちが活動するので、
熱が上がり、身体が真っ赤になるのですが、
ここ二日ほど、身体は赤いものの、手足はひんやりしているし、
熱もない。
少し良い状態?なのかも。

昨日、今日はダグ朗くんも調子が良く、
散歩もちょっと遠出するようになりました。
この調子が続くようにがんばらなくては!



101204sora.jpg


夕方の空はだんだん寒そうな色になってきましたね。




今日はホシノ天然酵母+南部小麦+シリアル入りカンパーニュ。
焼成温度をちょっと変えてみたら、こんなにクープが割れて、うれしい!!
幸せじゃ~。(爆)


101206.jpg


ただ今、治療中

  • Day:2010.12.03 15:53
  • Cat:健康

ただ今、治療中です。

101203d.jpg


この間海から帰って、しばらくしたら、、、
また悪くなってしまって、、、。

とても全身の状態を写すことができません。(号泣)


今はまたちょっと回復気味です。

足にチューブが入っていたところの傷は、もう治りつつありますが、
安心すると、そこが気になって噛み噛みするので、また穴が開いて、、、
の繰り返しの今日この頃。
今週に入ってからは強制的にプロポリス軟膏を塗って、傷口を治しているところ。
ずいぶん良くなりました。
あとはバイトのない週末に包帯などは外して、舐めずにすむかどうかです。


本犬はいたって元気で、食欲もあるのですが、
まだ1日一食が続いているので、
見た目はガリガリ、、、、肋も浮いてきた、、、(涙)
夜、被毛がなくなり、骨に当たる体を寄り添わせてくると、
涙腺が緩んでしまう今日この頃です。
いかん!!しっかりせんと!!!

おまけにお腹のあたりが痒いときに、
おちんちんまで舐めまくっていたので、ばい菌が入ったらしく、
おちっこが、、、、出ない。
「また病院かい、、、、」と思ったけれど、
ここでまた抗生剤を投与するのはなるべく避けたいので、観察してみたら、、、
でてきたおしっこはにごりもなく、水のようでした。
ひょっとして尿道炎かなと、ホメオパシーのレメディーを与えてみたら、
これがヒットしたようで、翌日にはずいぶん出るようになり、
2日目には元通りに、、、やれやれ、、、、。
セルフケア通信コースを受けといてよかった、、、、。



でも、たぶんまだ一食は続くんだな、、、。
体表の状態と内臓の状態は同じなんだそうです。
ということは、内臓も荒れてるって事で、
1日一食にして、内臓を休まさなくてはいけないのでね。

まだしばらく我慢が続きそうです。


ということで、
精神的にけっこう来てる私ではあるのですが、
パン作りだけは続けていて、、、
あ!今日は久々にヨガにも行ったんやった、、、(汗;)
ちょっとリフレッシュしました。


ぼちぼちシュトレンも作らんと、、、、

101121b.jpg

シュトレンと、手前はホシノ天然酵母でハーブパン。


hideさんのおやつ用と、
ダグの病院通いで、バイトを休ませてもらったので、
代わりに出てくれたスタッフへ

洋なしとクルミ、チョコチップ入りパウンドケーキ。

101124b.jpg

奥は膨らまなかったカンパ、、、がっくし、、、、。


ケーキの断面はこちら、、、

101124cake.jpg


いつものホシノ天然酵母とはるゆたかブレンドの山食

101201b.jpg


こちらはホシノ天然酵母と南部小麦で、クランベリーとクルミ入りカンパーニュ。
今日のお昼ご飯に食べたけれど、めっさうまかった!!

101202b.jpg



明日は何作ろかな~。






フィラリアの季節

  • Day:2008.06.05 11:27
  • Cat:健康
昨日、フィラリアの薬をダグに与えました。
薬は、フィラリアだけ・・・必要悪と考えて、与えることにしています。
ホメオパシーではフィラリアの薬も必要ないとされているようですが、そこは飼い主の判断に任されています。

で、薬を飲ませた後は、薬の毒出しによく使われるレメディーを飲ますように指示されています。薬の毒だしの代表であるThuj.もしくはNux-v.ですね。
ダグは体質的にNux-vが合うだろうということで、昨夜と今朝、念のため今晩と3回飲ませようと思っています。

狂犬病予防接種の毒だしレメディーもあるようですが、うちは受けてないので、詳細はわかりません。

こういう勉強もしたいのだけれど、僻地に住んでるもんで、なかなかセミナーに通うのも難しいです。トホホ・・・

これから毎回フィラリアの薬を飲ませたときにはレメディーを与えます。



それにしても、ダグは海が好きです。
ちょっと雨で散歩に行けない日が続くと、次の晴れの日には必ず海まで行こう!と連れていかれます。あはは・・・
080604d.jpg


ダーニー取り

  • Day:2008.04.15 10:21
  • Cat:健康
ダーニーの季節がやってきたようです。
ダーニーの剥がし方はいろいろありますが、ホメオパシーのマザーティンクチャーを使ってみたら、傷口がとてもきれいに治ったので、紹介します。

ちょうど一ヶ月ほど前、ダグがダーニーに噛まれた時に処置した方法です。

ホメオパシーとティツリーオイルというのは相性が良くないと書物やレメディーの使い方の冊子に載っていますが、ダーニーを窒息させるのに、我が家では長年ティツリーオイルを使っているので、あまり気にせず、いつも通り窒息させるのに使いました。


ダーニーが噛みついているところへスポイトでオイルを垂らし、しばらく待つ。

なんとなくダーニーの口がモゾモゾしてきたら、ティッシュで挟んでひっぺがす。このときなるべく口(歯)を残さないようにするのはすでにみなさんご存知ですね。(意味深)(笑)

ダーニーが無事剥がれたら、傷口のティツリーオイルはティッシュで拭き取る。

ホメオパシージャパンの製品:MT-Pet09を水に溶かしたものを傷口にパッティングする。これは気がついた時に何度も繰り返しました。



このように対処したところ、以前は例え歯が残っていなくても、一週間くらいは患部がジクジクしたりしていたのですが、今回は翌日には患部が乾き、二日後には何処を噛まれたのかわからなくなっていました。ダグの治癒力を引きだしてくれたのかな・・・と思いました。


080415d.jpg


毎回散歩から帰ったら、櫛を通して、草の実やら虫を落としているつもりですが、ダーニーやノミは思わぬところに隠れていたりして、翌朝気がつくということがほとんどです。(涙)

思いっきり遊んだあとは、しっかりお手入れ!!ってことですかね。
080415d2.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。