2着目

061102d1.jpg



じゃじゃ~ん!2着目だす。
今回は型紙をずいぶん直したので生地がたくさんいる羽目になり、思っていたTシャツではできなくて、ずいぶんボロのTシャツで作ったので完璧夏用ですが、動きはずいぶんよくなったし、突っ張れたところも直りました。
う~ん、あとは縫い目が・・・素人っぽいかな・・・(笑)

相変わらず、ハワイアンな柄・・・(笑)
061102d2.jpg


いよいよ次回は生地も買ってこようかと思っています。
スポンサーサイト

リフォームしちゃった!

今日は思い立って、ダグのTシャツを作りました。さっきでき上がったのだ!
061029d2.jpg


じゃじゃ~ん!どうよ?(笑)
私のお古のTシャツ二枚を使って作りました。
型紙は先日購入したラグラン袖のTシャツをなんとなくかたどって作りました。
袖が難しかったぁ~。
次はもう少し立体的に作らないと少し腕の部分が突っ張ってる。
縫い目は・・・あんまり見ないでね。って、見えないですよね。(笑)
061029d1.jpg


こういうデザインのが欲しいのよね。なんて、・・・またお古のTシャツで作ろうかしら。

もう一着だよん!

やっと晴れました。
一雨ごとに秋らしくなってきたのですが、それでもこちらは日中の最高気温が23度くらいです。洋服を着せると暑いんじゃないかと、ちょっと心配になります。

で、もう一着、色違いのを載せますね。
061025d.jpg


今回購入したお店は以下です。
http://www.noel-dog.net/newpage43.html

どなたか、「ここのがおしゃれだよん!」というのがありましたら、今後参考にしたいので、コメントお願いします。m(_ _)m

なかなかないねぇ~

今日、ダグの服が届きました。
061023d1.jpg


エヘヘ・・・かわいいでしょ。
・・・・って、もともと犬に洋服を着せるという趣味はないのだけれど、このところ涼しくなって海や茶畑に散歩に行くと、ダグはどうしても草むらにズンズン入っていって、夜ソファーでひっくりかえっているのをのぞき込むとお腹の辺りが真っ赤になり、ポチポチと発疹もあり、「これじゃ、痒くて掻きまくるよな・・・」と思案していて「!」と思いついたのが「Tシャツ」を着せることでした。

こんなふうに草むらに入り込むのだ。
061021d2.jpg



もともと雨の日なんかは私のお古のTシャツを着せて散歩に出かけたりしていました。だからいくつか手持ちはあったのですが、長年着せて襟は摺りきれてるし、よく見るとみっともなかったりします。その上雨の日はささっと行って、帰ってくるからそれほど気にならなかったのですが、もともと体形が犬と人間とは違うから私のTシャツを着たダグの前脚は動きにくそうだし、一応牡だし(笑)Tシャツのお腹の辺りがおしっこで汚れそうで、その都度布を持ち上げたりしてめんどうです。「こりゃ、やっぱり『犬服』がいるなぁ~」と週末パソコンに向ってTシャツを探しまくりました。

ところが、ないんですよね~、
「小型犬」のものは種類も豊富ですけれど大型犬となるとなかなか「これ!」というのがない、いや絶対数が少なすぎる。おまけにデザインまでこだわるとほとんど無いと言える。「あ!これいいな~」って思っても、サイズがレトリバーを基準にしてあるから細身のセターに合うのかどうか?「ええぇ~い!!」と気に入ったデザインのものを注文して「E・セッターなんですけど、サイズは合いますかね?」とコメント入力したら「合わなかったら返品してください」と親切な対応が返ってきて、「ではでは、よろしくお願いします」と注文しました。

で、早速届いた次第です。
色違いで、もう一着届きました。

散歩中すれ違う人に「犬に何着せてはんにゃろ?」と思われるのはちと心外なのです、小型犬ならいざ知らず、こんなでかい犬に(爆)・・・・そういう趣味じゃないもんで(しつこい!)(笑)。北のお友達のように気温がマイナスまで下ってさすがに何か着せなきゃ・・・ということでもないし・・・が、お腹が痒くならないならそれも仕方ないし・・・どう思われようと関係ない・・・と腹を括りました(おおげさな・・・)(笑)。

バリバリバリカン

今日は午前中曇り空で、気温も若干低く、過ごしやすかった。「こういう日に刈っておかないと!!」とバリカンを出してきて、ダグの頭と首を刈りました。ダグもこの頃はずいぶん大人しくできるようになり、顎の下あたりまでバリカンを入れてもじっとしていられるようになりました。う~ん、エライ!!

なので、今まではちょっととら刈りでも「ダグがすぐに動くから、じっくり刈れないんだよねぇ~」なんて言い訳できましたが、そんな言い草はダグが許してくれません。「かあちゃん、ぼくちんはずっとじっとしてたもんね!!」と睨まれそうです。はい、私の腕にかかってくるわけですな!

が、これがなかなか難しいのだ。お手本となる写真はsaboさんに送っていただいたし、見様見まねでやってみるのですけれど、思い通りにはいかないのだ。そりゃそんなに簡単に思い通りに刈れたらトリマーさんもいらないよね。(笑)最後はいつも「ショーに出すわけじゃないから、ぱっと見揃ってたらいいのだ!」なんて自分を慰めています。ついでにコートキングとトリミングナイフで飾り毛を揃えました。こちらはけっこうマメにやってるので、良い毛が生えてきているようです。今年の冬はフサフサのロングコートになってくれたらいいのになぁ~。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。